ホーム > GPS発見調査関連記事 > GPS発見調査相談サポート > 浮気調査でGPSを無断設置されてる?対策方法を紹介
公開日: 2023/12/25 最終更新日: 2024/03/29
GPS発見調査相談サポートGPS発見調査相談サポート
 公開日: 2023/12/25 最終更新日: 2024/03/29

浮気調査でGPSを無断設置されてる?対策方法を紹介

  • 「最近誰かにつけられている気がする」
  • 「家の近くに誰かいる…」
  • 「リビングに見覚えのないものが増えた」
  • 「周囲の変化に合わせて妻の様子も変わった気が…」

もし誰かから監視されている気がする上に、恋人や配偶者の様子が以前と変わったなら、浮気調査をされている可能性があります。

浮気調査は探偵や興信所の専門家に依頼しているケースもあれば、独自で行なわれていることも。

このような浮気調査では、GPS発信機によって位置情報を把握する手法が主に用いられます。

しかし、GPSを使った位置情報の取得に違法性があることはご存じでしょうか。

もしGPS発信機が仕込まれていたなら、仕込んだ相手を訴えることも可能です。

この記事では、GPSを使った浮気調査の問題点と、ターゲットにされた時の対策を紹介します。

目次

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年12月25日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

1-GPSを使った浮気調査は違法?

位置情報を取得する男性を止める警察官

個人だけでなく、探偵や興信所の専門家でも、浮気調査における位置情報の把握にはGPSが用いられるケースが大半です。

しかし、GPS調査をさも正当な調査手法として謳う探偵・興信所や、それを鵜呑みにしてGPS発信機を仕掛ける一般人が後を絶ちません。

はたしてGPSで位置情報を把握することは合法なのでしょうか

位置情報の無断取得は禁止

結論から言えば、浮気調査でGPSを使うことを合法と定めている法律はありません

逆に違法としている法律もないのですが、違法となるのは状況次第となっています。

GPSの使用が違法になるケースを紹介していきます。

他人の位置情報の無断取得

GPS発信機を他人の許可なく設置して位置情報を把握した場合は、下記の法律違反になります。

  • プライバシー権の侵害
  • ストーカー規制法(令和3年にストーカー行為として「位置情報無承諾取得等」の文言が追加)
GPS発信機を住居内・車・持ち物に仕掛ける

もし勝手に住居に侵入してGPS発信機を仕掛けた場合「不法侵入」となります。

さらに車に発信機を仕掛ける際に車を傷つけたら「器物損壊罪」の対象です。

他にも、持ち物に発信機をつけることも器物損壊罪に該当します。

位置情報取得アプリを勝手にスマホに入れる

相手のスマホに許可なく位置情報取得アプリを入れて、位置情報を把握することは下記の法律違反になります。

  • 不正アクセス禁止法
  • 不正指令電磁的記録併用罪

上記の法律違反は、夫婦間で起きたことであっても規制対象になります。

違法な方法で取得した証拠は無効

もし裁判で証拠が提出されても、証拠収集の過程に違法性が見られた場合、その証拠は無効となります。

違法に収集された証拠は「違法収集証拠」と呼ばれ、裁判での証拠能力が認められません。

そのため、いくら探偵や興信所であっても調査対象者に無許可でGPS発信機を設置することは違法なので、そのように取得した証拠は無効です。

また、証拠が無効になるだけでなく、違法行為への責任を問われて罪を科せられることも。

もし気付かない内にGPS発信機が仕込まれていても、無効にできることが頭に入っていれば毅然と立ち向かえるはずです。

2-GPSを仕込まれる場所

車、カバン、スマートフォンから位置情報を取得されていることに驚く男性

浮気調査でGPS発信機を仕込まれる場合は、どんな場所が狙われるのでしょうか。

あらかじめ知識を入れておけば、発信機を探すことは容易になるでしょう。

周囲から監視されている感覚を覚えている場合は、GPS発信機を設置されがちな下記の場所を確認してみましょう。

車の下

自家用車の下(バンパーの裏)は、GPSを仕掛けるのに絶好の場所だといえます。

なぜなら外部からの立ち入りも容易な上に、普段車の下を見ることはほぼありません。

そのため、意識しない限りはほぼ見つからないとも言えるでしょう。

また、夫婦間で浮気調査をされる場合も、調査している側が「自家用車です」と言い張れば不法侵入や器物損壊にはなりません。

調査しているのが外部の人間であっても、取り外しが容易なため証拠隠滅も図られやすいです。

ただ、別居中の夫婦であれば自家用車としての言い訳は通用しない可能性があります。

もし車を持っている方で、浮気調査をされていると感じた場合はまず車の下を確認しましょう。

車の中

車の中にもGPS発信機が仕掛けられることがあります。

特に下記の箇所には注意しましょう。

  • 小物入れ
  • 座席シートの中
  • フロアマットの下
  • シートと背もたれの間
  • トランク(隅の方・予備タイヤ置き場)

これらの箇所は普段目に入ることが少ないため、GPS発信機を仕掛けられる隙があると言えます。

特に親しい関係性にある相手は車に乗せることもあると思いますので、一度確認してみてもいいでしょう。

自転車・バイク

自転車やバイクも、GPS発信機を仕掛けられる隙が大きいといえます。

GPS発信機には小型のものもあるため、容易に設置できてしまいます。

例えば自転車のフレームの裏や、後輪の泥除けの裏。

バイクだとエンジン部分のすき間やナンバープレートの裏など、設置できてしまう箇所はいくつもあります

また、もし同居人や配偶者が仕掛けたとしても「防犯のため」という言い訳もできなくはないでしょう。

外部からの発信機設置に対しては、自転車を自宅内に入れるなどの対策を取りましょう。

カバンの中

カバンの中も、GPS発信機を仕掛けるなら定番の場所といえます。

最近は忘れ物追跡用の「紛失防止タグ」が流行していますが、これをカバンの中に忍ばせるだけで簡単にGPSが追跡できてしまいます。

しかし、荷物整理をすれば簡単に発信機を見つけ出せるため、最近は発信機設置場所としては避けられる傾向も。

ですが設置の容易さで言えば一番とも言えるので、警戒するに越したことはありません。

スマートフォンのアプリ

スマートフォンアプリには位置情報を共有できるものがあり、登録した相手の位置情報が伝達される仕様となっています。

しかし、アプリを勝手に入れられた場合、位置情報が無自覚のまま相手に筒抜けになってしまいます。

一方的に居場所を知られて、何をしているか調査までされるのは良い気分ではありません。

しかしアプリを入れる際に同意をしていて、関係性が変わって浮気調査に使われるケースも。

その場合、アプリによっては設定を変更して居場所を特定されないようにすることも可能です。

勢いのままにアプリを削除すると逆に相手に怪しまれるため、このような穏便な対処がおすすめです。

3-浮気調査でGPSを仕掛ける人

女性の姿を想像する男性

浮気調査をされている時に、GPS発信機を仕掛ける可能性のある人間は限られていきます。

誰が浮気調査のためにGPS発信機を仕掛けるのか、確認しておきましょう。

恋人・配偶者

浮気調査というものは、そもそも交際・婚姻している相手がいないと成立しないものです。

つまり、おのずと恋人や配偶者が調査を行なっているという考えに至ります。

この時点で、恋人・配偶者は「浮気をしているかもしれない」という疑いや「浮気をしている」という断定に近い認識を持っています。

もし後ろめたいものがあるなら、落ち着くまでは余計なことをしないようにするのがおすすめです。

探偵・興信所

恋人や配偶者が直接手を出さずに、探偵や興信所といった調査のプロに依頼して浮気調査をしていることもあります。

探偵や興信所は専門技術を多数有しているため、並大抵のことでは太刀打ちできません。

まったくの赤の他人が自分を調べ上げようとしているため、誰が自分を嗅ぎまわっているのか皆目見当がつきません

そのため、警戒すべき範囲は非常に広くなるでしょう。

街行く人がすべて敵に見えたり、不安な気持ちが押し寄せてくるかもしれません。

しかし、探偵・興信所の調査であっても対処は可能なので、以下の内容にてその方法をご紹介します。

4-探偵の浮気調査の対策方法

周囲からの監視を警戒する男性に声をかける探偵

もし探偵や興信所から浮気調査をされている場合、切り抜ける方法はあるのでしょうか。

調査のプロ相手に立ち向かうのは難しいかもしれませんが、やり方はあります

探偵・興信所の調査員も同じ人間ですので、調査対象者と同じように警戒をしています。

その隙を突いて、探偵の浮気調査をかいくぐる方法をご紹介します。

GPSを発見する

まず、身の回りにGPS発信機が仕掛けられていないかは念入りに確認しましょう。

GPS発信機は、居場所を特定するために最も必要なもの。

逆に言えば、それさえなければ居場所を特定される可能性は減らせます。

上述した車のバンパー裏や車内、家の中だけでなくスマートフォンに見知らぬアプリが入っていないかまでチェックすべきです。

GPS対策を行なうだけで、危険性は一気に減るでしょう。

尾行を撒く動き方をする

探偵や興信所は、一般人が行なえばストーキングになる尾行・張り込み・聞き込みを合法的に行なえます。

特に居場所を特定するためには尾行を主に行ないますが、尾行を撒くことは十分に可能です。

探偵・興信所の調査員は、調査対象者が尾行に気づいたと感じた場合は、見つかるリスクを恐れて尾行を止めます

つまり、尾行に気付いている素振りを見せれば、調査をあきらめさせることも可能です。

周りを警戒し続けることにはなりますが、一時的な対処としては有効でしょう。

こちらも探偵に調査を依頼する

あまりにも浮気調査の実態が気になる場合、逆に浮気調査している側を調べるために探偵を雇って調査をかけるのもアリです。

調査を仕掛けている恋人や配偶者の動きや、身辺の見回りによって尾行してくる探偵の特定などを、さまざまな方法で対処できます。

その過程で、もし相手方が違法な証拠収集を行なっているとわかれば、その証拠も押さえます。

また、むしろ浮気調査をかけてきた相手方に後ろめたいことがある可能性も考えられます。

そういった背景事情も含めて、探偵の手にかかれば調査が可能です。

目には目を、歯には歯を、探偵には探偵を。

浮気調査をされている可能性を感じたら、一度当探偵事務所にまでご相談ください

まず、現状について相談することから始めましょう。

GPS調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談