探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 現代の脅威「ストーカー」
公開日: 2018/10/08 最終更新日: 2018/11/13
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2018/10/08 最終更新日: 2018/11/13

現代の脅威「ストーカー」

ストーカーは理由の無い犯罪行為

現在では当たり前のように言われているストーカーという用語も、20年以上前では「つきまとい」、「待ち伏せ」などと言わていました。離婚した配偶者や元恋人がストーカーに変貌する、全くの赤の他人からストーカーを受けるなど被害予測が非常に難しいことが特徴です。

実は危険なストーカー対策方法

ストーカーの予測は難しいため、「いつの間にか被害に遭っていた」とう場合がほとんどです。しかし、誤った対処をすると、かえって危険が伴う場合があります。

  • 「無視をする」
  • 警察も推奨する方法ですが、加害者がストーカー行為を止めるわけでもないうえに、エスカレートする原因にもなります。

  • 「加害者に知られないように住居を移す」
  • 引っ越し先が加害者に場所がバレてしまう可能性が高いことと、そうなってしまった場合同じことの繰り返しになります。経済的にも負担が大きいためおすすめできません。

ストーカーのタイプ

ストーカーにも様々なタイプが存在します。加害者によって適切な対処が出来なければ、危険が増す可能性もあります。

  • 「物分かりが良すぎる人」
  • 元恋人や配偶者と別れる時に相手が二つ返事で了承した場合、円満に別れたつもりが、相手の心の奥底では未練が残っており、ストーカーに変貌するというケースがあります。

  • 「守護天使タイプ」
  • このタイプの厄介なところは、自分がストーカーであるという自覚がないことです。被害者のことを想うあまり、常に監視していないと気が済まなかったり、「自分が被害者を守ってあげなければならない」という使命感が歪んだ形で表れているケースが挙げられます。

ストーカーに関連するQ&A

Q

ストーカー被害が本当になくなるのでしょうか?

A

法律の制定によりかなりの抑止力にはなっており、証拠を押さえた状況ではなにもできないのが現状でしょう。しかし、悪質性の高いストーカーの場合については、逆に行為の巧妙、複雑化、凶悪化させる恐れもありますので、本本格的な警備体制を整えるケースもあります。

Q

一度解決しても再犯することはないですか?

A

100%無いとはいえません。執着するストーカーには、GPS装着などの対策が必要であるケースがありますが、接近禁止命令を破った場合、2年以下の懲役、または200万円以下の罰金になる可能性が高いため、3度目の再犯はほとんど防げます。

ストーカー被害に関するご相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop