探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 法律 > 器物損壊罪について
公開日: 2018/10/29 最終更新日: 2018/11/14
探偵wiki法律
 公開日: 2018/10/29 最終更新日: 2018/11/14

器物損壊罪について

器物損壊罪について

器物損壊罪とは、他人の物を壊したり、落書きでダメにしたり、ペットに怪我を負わせたりする犯罪の事を指します。法律上「他人の物」というのは、自分以外の他者の所有物を指し、動物は所有物に含まれ、損壊とはその物の利用を害する事を指します。

器物損壊罪をした者に対して

3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。

器物損壊罪に関連するQ&A

Q

数回家の鍵穴に瞬間接着剤を詰められてしまい、鍵も毎回交換しているので困っています。どうしたらいいでしょうか?

A

器物損壊罪として立証する証拠を押さえましょうこのケースの場合瞬間接着剤を詰めている犯人が犯行を及んでいる所を証拠として押さえて警察に提出しましょう。ご自身で証拠を残そうと行動に出ると、犯人が逆上してエスカレートし別の方法で嫌がらせを行う可能性があるためまずは専門家に相談しましょう。

器物損壊罪についてのご相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop