探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 法律 > 「嫌がらせ被害」の裁判とは?
公開日: 2018/11/17 最終更新日: 2018/11/14
探偵wiki法律
 公開日: 2018/11/17 最終更新日: 2018/11/14

「嫌がらせ被害」の裁判とは?

一人で抱え込まず、信頼できるところに相談しながら対応することが重要です。「嫌がらせ」は人格権を侵害する不法行為であり、決して許されるものではありません。

「嫌がらせ被害」の裁判とは?

嫌がらせや近隣トラブルを解決するのに最も強力な手段は民事裁判です。嫌がらせ行為には刑法に触れるものが数多く、刑事裁判で犯人を裁いてもらうことも可能です。しかしそのほとんどは軽犯罪であるため罰金刑で済むことも多く、必ずしも嫌がらせをやめさせる効果があるとはいえません。

刑事裁判

犯罪をはたらいた人の有罪・無罪や刑罰を決める裁判で刑法に触れる事件を扱います。

民事裁判

当事者同士のトラブルの損害賠償や慰謝料を決める裁判で、刑法に触れないものも含め、多くの事件やトラブルを扱います。民事裁判というのは、相手の不法行為を証明してその賠償をさせるためのものです。そのためまずは、相手の不法行為を証明しなくてはなりません。嫌がらせは故意に行われるもので、普通の社会生活を送ったりする権利を侵害します。嫌がらせによって生じた損害は、民事裁判でその賠償を請求できるのです。

損害賠償として請求できるもの

  • 加害者が不法行為により被害者に与えた損害を補償するための賠償金
  • 精神的な損害に対する慰謝料
  • 名誉棄損による不利益を回復する原状回復

損害と賠償との関係は、基本的には、通常の損害については債務者の行為がなければその損害が生じなかったと社会通念に照らして相当と認められる関係がある場合には、その損害は賠償の対象となります。

裁判に関連するQ&A

Q

弁護士費用を請求できる?

A

不法行為による損害賠償を請求する場合は請求できます。不法行為とは、いじめや名誉棄損のように契約関係の無い当事者において、一方が違法なことによって相手に損害を生じさせることです。加害者の違法行為によって損害を被った弁護士費用自体も、不法行為によって被った損害に含まれるので請求できます。

Q

嫌がらせ被害によってさまざまな損害を被ったのですが、どうすればよいでしょうか?

A

損害を賠償をしてもらう方法があります。証拠が揃ったのであればお近くの弁護士に相談してみましょう。損害賠償を受けるには、裁判手続によらない方法(示談)と、裁判手続による方法(民事訴訟、又は刑事損害賠償命令申立)に分かれます。詳しい手続については、直接弁護士にご相談ください。

証拠が必要な方への相談窓口

依頼前に確認すべきポイント

あなたが探偵や興信所業界(調査能力・実績等)を熟知していれば、調査士の能力や実績を見極めて選べばいいと思いますが、多くの方々はよく分からないと思います。では、探偵や興信所業界(調査能力・実績等)をよく知らない多くの方々は、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

  • 調査士の実務経験(経験年数)を確認する。
  • 調査士に解決事例を確認する。
  • 誰が調査を担当するのかを確認する。

ここで注意しなければならないのは、ホームページ上の「相談実績〇〇件」「解決実績〇〇件」「〇〇を解決しました」「お客様の声」など、何の裏付けもない抽象的な「実績」や「解決事例」は参考にならないということです。少なくとも、裏付けのない「〇〇専門」「〇〇に強い探偵事務所」「解決実績〇〇件」などの謳い文句は本気にしないで、直接確認した方がいいと思います。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop