探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 法律 > DV被害者の保護に関する法律
公開日: 2018/11/05 最終更新日: 2019/03/04
探偵wiki法律
 公開日: 2018/11/05 最終更新日: 2019/03/04

DV被害者の保護に関する法律

DV防止法について

「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(通称:DV防止法)」は、配偶者からの暴力に係る通報、相談、保護、自立支援等の体制を整備し、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図ることを目的として定められた法律です。

DV防止法の利用

加害者による暴力・脅迫によってDV被害者の生命・身体に重大な危害が受けるおそれがあるとき、被害者の申し立てによって裁判所が加害者に対し、保護命令を出します。これは、配偶者だけでなく、交際相手・元配偶者である場合でも行うことができます。

保護命令に違反した場合の罰則

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

DV被害に関連するQ&A

Q

夫からDVを受けていて離婚を考えています。どういった証拠が必要でしょうか?

A

状況を記録に残しましょう。DV被害に遭われている方は、医師の診断書、写真(DVによって受けた傷、部屋の状況等)、メモ等にDVを受けたときの状況や現状を記録に残しましょう。またこういった記録を残していたがために相手にばれてしまってさらにひどい暴力等を受ける可能性もある為、記録に残した物は絶対に相手に見られない所や自宅では無い所に保管しておきましょう。

DV被害でご相談の方

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop