ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > DV加害者の特徴
公開日: 2023/05/15 最終更新日: 2024/03/29
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2023/05/15 最終更新日: 2024/03/29

DV加害者の特徴

Category: 探偵wiki / 探偵用語 Tag:

DV(家庭内暴力)加害者の特徴には、支配的な態度や虐待的な行動、自己中心的な態度などがあります。

この記事では、DV加害者の一般的な特徴について探求し、その行動の理解と早期の警戒に役立つ情報を提供します。

DV問題について深く理解し、加害者の特徴に関する洞察を得ることで、被害者の安全とサポートを向上させるお手伝いをします。

⇒ 2023年5月15日更新 / 執筆者 / 監修者ページ

さらに詳しく知りたい

1- DV加害者の特徴

DV

DV(家庭内暴力)加害者の特徴は個人によって異なりますが、以下に一般的にみられる特徴をいくつか挙げます。

ただし、これらの特徴が全てのDV加害者に当てはまるわけではありません。

支配的な態度: DV加害者は支配的でコントロールを欲する傾向があります。相手を自分の意志に従わせようとし、自身が決定権を持つことを求めます。
虐待的な行動: DV加害者は身体的、性的、経済的、精神的な虐待を行う傾向があります。暴力や脅迫、嫌がらせ、侮辱、経済的な制約などを使って相手を傷つけます。
自己中心的な態度: DV加害者は自分自身の欲求や利益を最優先に考える傾向があります。相手の感情や意見に対して無関心であり、自己中心的な行動をとります。
自己不安とコントロール欲: DV加害者は内面的に自己不安を抱えており、コントロールを通じてその不安を解消しようとします。相手に依存し、支配することで自己価値感を確立しようとします。
権力や男性優位性の信念: 一部のDV加害者は男性優位性の信念を持ち、パートナーを従属的な存在と見なします。彼らは男性が家庭内での決定権を持つべきだと考え、その信念に基づいて行動します。
過去の虐待経験: 一部のDV加害者は、自身が過去に虐待を受けた経験を持っている場合があります。これはDV加害者の行動の一部を説明する要因となることがありますが、全てのDV加害者には該当しません。

DV加害者の特徴は個人によって異なり、また社会や文化の要素も関与するため、一概には言えません。

しかし、DV加害者の行動は被害者に深刻な影響を与えるため、早期の警戒と適切な対処が重要です。

2- DVに関する相談件数

DVに関する相談件数は地域や国によって異なりますが、一般的には多くの人々がDVに関して相談を行っています。

以下にいくつかのデータや統計を示します。

日本の場合、厚生労働省によると、2020年にはDV相談件数が前年比で増加し、約15万件を超えたと報告されています。

また、DV被害者支援センターや相談窓口、警察などでの相談も含まれています。

他の国でも、DVに関する相談件数は増加しています。

例えば、アメリカでは国内のDVホットライン(DV support hotline)への通報件数が年々増加しており、カナダでもDV相談センターへの問い合わせが増加傾向にあります。

しかしながら、DVの実態は相談件数以上に多いと考えられています。DVは被害者が声を上げづらい問題であり、恐怖や社会的な制約から報告が遅れる場合があります。

社会的な意識の向上や支援体制の充実が求められています。

DVに悩む方々は、地域のDV支援センターや相談窓口、ホットライン、警察などの専門機関に相談することをお勧めします。

そこでは匿名で相談することもできますし、専門の助言やサポートを受けることができます。

3- 男性のDV被害

DV(家庭内暴力)の被害者は男性も含まれます。

男性がDV被害に遭うことは珍しいことではありませんが、社会的な偏見やステレオタイプの影響により、男性のDV被害者が声を上げることが難しい場合があります。

男性のDV被害者は、身体的な暴力や性的な暴力、精神的な虐待、経済的な制約などの被害を経験することがあります。

しかし、男性は一般的に体格や社会的な力関係からくるイメージがあり、DV被害者としての声を上げることにためらいを感じる場合があります。

社会的なサポートやリソースの不足

男性のDV被害者が直面する問題は、多くのDV支援サービスや保護施設は女性中心に設計されており、男性のニーズに対応できていない場合があります。

また、男性のDV被害は社会的に認知されにくいため、サポートや法的な救済の選択肢が限定されることがあります。

男性のDV被害者がサポートを求める際には、地域のDV支援機関や専門家への相談が重要です。彼らは男性の特有のニーズに理解を示し、適切なサポートや助言を提供してくれるでしょう。

また、男性同士でのサポートグループやオンラインコミュニティも存在し、経験を共有し支え合う場を提供しています。

重要なのは、男性のDV被害者も同じように支援が必要であることを認識し、彼らが安全で健康な生活を送るためのサポートを提供することです。

男性のDV被害についての意識を高め、包括的な支援体制を整備することが重要です。

4- DV被害から命を守るには

DV加害者の特徴としては、「嫉妬深く独占欲が強い」「男尊女卑などといった支配欲が強い」「自己肯定感が低く、コンプレックスがある」「自身の過去の体験(特に幼少期)に暴力被害を受けておりトラウマがある」などといった要因に加え、薬物やアルコール依存症が原因となっていることもあります。

いずれにせよ、「子どものため」「自分の世間体のため」に耐え続けることは、子供の成長や自身の精神状態に大きなデメリットをもたらすことは明白です。

一刻も早く「逃げる」ことを優先すべきであり、DV加害者に対して、自身がしていることが「犯罪」であることを認識させることが必要です。

DVシェルターとは

DV被害者を守る施設として、行政やNPO法人などの民間団体が運営する「DVシェルター」があります。

DV被害者を、加害者から隔離し、保護することで、その生命を守るのが目的です。

DVシェルターは、その場所については、被害者の安全のために非公開であり、入所した人にも口外しないよう約束させられます。

また、DV防止法の保護命令制度を活用とする場合、暴力を伴うDVであれば、ケガの跡や診断書などが証拠となりますが、言葉や態度による精神的なDVである場合は、自分自身のみで証拠を残すことは困難です。

当事務所では、このようなケースでも、精神的DVの証拠をつかむための的確なアドバイスをした上で、DV被害の実態を調査報告書として記録し、ご依頼者様の希望に寄り添った解決法をご提案させていただき、生活の平安を取り戻すまで、アフターフォローさせていただきます。

5- DVに関連するQ&A

Q

DV被害者はどこに相談すれば良いですか?

A

DV被害者は地域のDV支援センターや専門の相談窓口に相談することをおすすめします。また、警察や医療機関、弁護士なども相談先として利用できます。これらの機関や組織は被害者の安全を保護し、必要な支援や助言を提供するための専門知識を持っています。

Q

DVの加害者はどのような処罰を受ける可能性がありますか?

A

DVの加害者は法的な処罰を受ける可能性があります。具体的な処罰は国や地域の法律によって異なりますが、逮捕、保護命令の発令、起訴、罰金、懲役などが考えられます。また、加害者に対してリハビリテーションプログラムやカウンセリングを受けさせることも行われることがあります。

Q

DVのサイクルを断ち切るためにはどうすれば良いですか?

A

DVのサイクルを断ち切るためには、まずは自身の安全を最優先に考えることが重要です。DV支援センターや専門家の助けを借りて、安全な環境を確保しましょう。また、DVカウンセリングやサポートグループへの参加、法的な措置の検討なども有効な手段です。最終的には、DVの再発を防ぐために、自己肯定感の向上や健全な人間関係の構築に取り組むことが重要です。

6- DV被害の証明について

DV被害の証明は、各国や地域の法律や司法制度によって異なる場合があります。

一般的に、DV被害の証明には以下のような要素が関与することがあります。

証言や証拠: 被害者や目撃者の証言や証拠が重要です。被害の詳細な説明や証言に加えて、写真、ビデオ、医療記録、警察の報告書などの物的な証拠も役立ちます。
目撃者や専門家の証言: DV被害に関する目撃者や専門家(医師、心理カウンセラー、DV支援センターのスタッフなど)の証言は重要です。彼らは被害の状況や被害者の状態について客観的な評価や意見を提供できます。
関連する文書や記録: 被害者の医療記録、警察の報告書、DV支援センターや専門機関との連絡記録など、関連する文書や記録も証拠として利用できます。

DV被害の証明には困難な側面もあります。被害者は恐怖や心理的圧力を感じ、証拠を収集することが難しい場合があります。

また、DVは身体的な暴力だけでなく、精神的な虐待や経済的な制約など様々な形態を取るため、証明には複雑な要素が関与する場合もあります。

被害者は自身の安全を最優先に考え、証拠収集に関しては専門家に任せることをおすすめします。

7- DV被害のご相談・証拠収集依頼方法

DV被害の相談や証拠収集は、被害者の安全を最優先に考える必要があります。

専門家の助けを借りながら、自身の状況に応じた最適な方法を選択しましょう。

被害者は一人で悩まず、サポートを受けることで適切な措置を取ることができます。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

DV被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、DV被害に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談