ストーカー関連記事

Stalker

ホーム > ストーカー関連記事 > つきまといによる監視行為について
公開日: 2021/01/06 最終更新日: 2021/04/07
ストーカー関連記事
 公開日: 2021/01/06 最終更新日: 2021/04/07

つきまといによる監視行為について

つきまといによる監視行為の全てを徹底解剖!
「ストーカー規制法」で定められた内容でつきまとい、監視行為を取り締まる法律があります。 「どうしてあの人がわたしの行動を知っているの?」「帰宅してすぐに電話がかかってくる」など不可解な被害にあっているかたは要注意です。では、どうして行動がばれているのか?どんな行為がつきまといや監視行為に該当するのか確認してみましょう!

つきまといによる監視行為について│目次

恐怖のストーカー「つきまといによる監視行為」について

「つきまといによる監視行為」とは?

ストーカー被害で最も多いのは「つきまといによる監視」です。 つきまといによる監視は、ターゲットとなる人物に尾行し、つきまといを行ない「ターゲットの出先」「外食で食べたもの」「帰宅した時間」など、行動を監視していないと「得られない情報」を電話やメール・ほのめかしをおこない、ターゲットに告げることで恐怖に追い込むストーカー行為です。 この「つきまといによる監視行為」は時間が経てば経つだけ危険なリスクが大きくなるといえます。というのも、交際相手、友人、職場などに影響して危険が及ぶ可能性も考えられるからです。つきまといによる監視行為から始まり、エスカレートして自宅や職場に押し掛けてくる可能性もあるので、早期の解決を目指す必要があります。

「ストーカー加害者の心理」なぜ監視行為をするのか…?

ストーカー加害者の心理はいったいどのようなものなのか、なぜつきまといや監視行為を行なってまで執着するのか、ストーカー加害者の心理を考えてみましょう! ストーカーを行なう心理は、主にターゲットが自分の思い描いている通りの展開になることを望んでいます。つきまといや監視行為を行なうことで妄想が膨らんでターゲットに対しての気持ちが強くなり「相思相愛」を自分勝手に求めたり「復縁や会うことの要求」をしつこく繰り返して電話やメールしてきます。相手の立場に立って考えることが出来ないため「悪いこと」をしている自覚が全く無いのです。 これらの要求を拒否、無視して相手がストーカーをやめることも考えられますが、エスカレートする危険もあります。相手がターゲットに対して抱いていた恋愛感情が「歪んだ愛情」へと変わり、恨みや憎しみに変わる可能性があります。ストーカーを行なうタイプの人は自分の考えが正しいため「なんでこんなに想っているのに受け入れてくれないんだ」などと自分勝手な考えをターゲットに対して抱き、次第に「楽しそうにしている姿が許せない」「幸せな人生は送らせない」「苦しんでいる姿が見たい」などの感情に変わっていくことが考えられます。

ストーカーによる「つきまとい」「監視行為」の手法や対策について!

ストーカーの監視行為はどのようにして行なわれているのか、被害の状況から考えてみましょう!
出かけた場所をすべて知っていた…
このようなケースは、ターゲットに尾行をして実際に外食で食べていたものなどを目視で確認している可能性が高いでしょう。尾行されていると、自宅、職場、学校などを起点として尾行している可能性が高いでしょう。つきまとい対策としては、普段とは違う出入り口から出入りする、一人行動を極力しない、警察や専門家に相談しておくなどの対策が有効です。
どんなに遠出をしても行った場所がばれている…
このようなケースは、ターゲットの車にGPSが設置されていたり、スマホに監視アプリなどが入れられていて、リアルタイムで位置情報がばれている可能性が考えられます。実際に車で尾行することはできますが、長時間バレずに尾行することは現実的に難しいので、GPSや監視アプリを疑う状況にあると思います。対策としては、車内、車外に見覚えのないものが無いか確認する、スマホを初期化する、専門家に相談するなどの対策が有効です。
家の中で話した会話内容を知っている…
このようなケースは、自宅内に盗聴器や盗撮器が設置されていることが考えられ、元交際相手など家に招き入れたことのある人物からストーカーされている可能性が高いです。対策としては引っ越しをする、盗聴器、盗撮器を検知する専門の機材で探す、専門家に相談するなどの対策が有効です。
まとめ
これらの状況は、つきまといによる監視被害にあわれている可能性が非常に高いので、相手がわかっていても話し合いで解決させようと会ってしまったり、相手を怒鳴ったりなど、今の状況よりもエスカレートする危険も考えられますので、相手と接触する際には事前に対策しておきましょう。

つきまといによる監視行為の事例や対策

「つきまといによる監視行為」被害者の声

ストーカー被害の中で一番多い被害は「つきまとい」「監視行為」です。自分がもしこんな被害にあったらどうしたらいいのか事前に知っておくことも大切ですし、今被害にあわれているかたはどんな解決方法があるのか、どうしたら解決出来るのか?ストーカ被害の気になる部分をご紹介しますので是非参考にしてみて下さい!

ストーカー被害確認サポート

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。 ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。個人情報の漏えい対策のご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。
まず、つきまといについて相談することから始めましょう。

つきまといや監視被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、つきまとい被害の状況、つきまとい対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。
お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop