ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーレポート > ストーカーのつきまとい被害を解決する方法と相談事例
公開日: 2023/06/26 最終更新日: 2023/07/06
ストーカー関連記事 - ストーカーレポート
 公開日: 2023/06/26 最終更新日: 2023/07/06

ストーカーのつきまとい被害を解決する方法と相談事例

つきまといストーカー被害

ストーカーのつきまとい被害は深刻な問題であり、解決には適切な対策が必要です。

本記事では、ストーカー被害の解決方法について解説し、実際の相談事例を通じて具体的なアプローチを紹介します。

ストーカー被害に苦しむ方々が安全な生活を取り戻すための有益な情報が満載です。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年6月26日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次

ストーカー・つきまとい被害体験談

ストーカーやつきまとい被害は深刻な問題であり、その実態を知ることが重要です。

実際のストーカーやつきまとい被害体験談を通じて、被害者が経験した辛い現実や苦悩、そして解決に向けた取り組みなどを共有します。

被害者の声を通じて、この問題の深刻さと対策の重要性を改めて認識しましょう。

女性
ご依頼者様: 30代/女性 会社員
ご依頼内容: ストーカー特定調査
ご依頼理由:

大学時代に交際していた男性がストーカーとなり、友人も巻き込まれる状況になっています。半年以上経過しているにも関わらず、自宅や職場が知られ、未だに不審な人物を目撃するなど、不安が続いています。また、通勤時には行動パターンが把握されており、時々現れて「監視」をしているようです。自力では解決が難しいと感じていますが、このような状況でも解決する方法はあるのでしょうか?具体的なアプローチ方法を教えてください。

女性
ご相談者様: 50代/女性 主婦 
被害内容: つきまとい調査
ご相談理由:

隣人からのつきまといや嫌がらせにうんざりしています。半年以上にわたる嫌がらせは非常にしつこく、警察に届けても「たまたまかもしれない」と言われるばかりです。具体的には、一緒に出てくる頻度が目立つようになったことや近隣住民に悪評を流すなど、意図的な行動が頻繁に行われており、被害妄想ではないと断言できます。最近はスーパーで出会った時にも「よく遇いますね」と声をかけたら無視されました。偶然とは思えないほどプライベートでもよく見かけるため、行動調査を依頼したいです。

ストーカーについて

女性へのストーカー

どこからがストーカー?

「ストーカー行為」とは、同じ人に対して「つきまとい等」を繰り返し行なうことをいいます。

「つきまとい等」とは、恋愛感情や好意、またそれが満たされないことによるうらみの感情により、その人またはその人の家族に対して、執拗にLINEやメールを送る、監視する、復縁を迫る、いたずら電話をかけるといった行為をいいます。

ストーカー規制法について

「つきまとい等」を繰り返すストーカー行為者に警告を与えたり、悪質な場合逮捕することで被害を受けている方を守る法律です。

この法律による規制の対象となるのは「つきまとい等」「ストーカー行為」の2つです。

ストーカー規制法で警察を動かすには証拠が必要となります。

監視されている、勤務先や自宅の周辺をうろつく、電話やLINEなどで連絡をしてくるなどの状況があれば、録画、録音、スクリーンショットなどで保存してください。

ストーカー被害に関する相談内容

2018年以降、ストーカー被害の相談件数は減少はしたものの、年間2万件近い被害が警察に報告されていることから、ストーカー規制法だけでは不十分なのがわかります。

  • 職場の通勤時、退勤時につきまとう
  • 不審な車をよく見かける
  • 自宅や職場周辺で待ち伏せされる
  • 無言電話を頻繁にかけてくる
  • 監視していることを仄めかす
  • 近隣に悪い噂を流している
  • ネット掲示板に誹謗中傷する内容の書き込みをする
  • 郵便受けに不審な手紙が入っている

ストーカーによるつきまとい

つきまとい被害解決方法

ストーカーによるつきまといは、被害者にとって非常に恐怖心を抱かせる問題です。

被害者は常に監視され、追われるという圧迫感を感じます。

ストーカーはしつこく被害者を追いかけ、日常生活やプライバシーにまで干渉してきます。

このような状況では、被害者は身の安全や心の平穏を脅かされています。

つきまといの目的

単なるいたずらや軽い気持ちの嫌がらせといった比較的軽微なつきまとい行為もありますが、本当の目的が裏に隠されていることもあります。

つきまといの目的は個別のケースによって異なりますが、一般的には以下のような目的が考えられます。

 

被害者への恐怖心やストレスの与えること:つきまといを通じて被害者に不安や恐怖心を与え、精神的な苦痛を与えることが目的とされる場合があります。

 

接触や関係の確立を求めること:つきまといを通じて被害者との接触や関係を築こうとする場合があります。ストーカーは被害者に執着し、関心や愛情をアピールしようとすることがあります。

 

コントロールや支配を行うこと:つきまといを通じて被害者を支配し、自身の意図や欲望を実現しようとする場合があります。ストーカーは被害者の生活や行動を監視し、コントロール下に置こうとすることがあります。

 

被害者への復讐や嫉妬の発露:つきまといを通じて被害者への復讐や嫉妬を行う場合があります。ストーカーは過去の関係や出来事に対して怨みや憎悪を抱いており、つきまといを通じてそれを発散しようとすることがあります。

 

つきまといの目的はストーカーの個人的な動機や心理によっても異なります。

精神破壊を目的とすることも…

【孤立】
疑心暗鬼や異常者とみなされ、味方がいなくさせる。

【自殺教唆】
自殺に追い込む。

【冤罪】
感情を支配されることにより犯罪者に仕立て上げられる。

【精神崩壊】
統合失調症やうつ病になり、廃人にされる。

【破産】
通院、入院や辞職により経済的負担を強いる。

ストーカーによるつきまといの解決に向けて

基本的にストーカー・つきまといの加害者は、被害者の気持ちを考えることができず自分本位です。

ストーカー・つきまといの加害者のタイプにもよりますが、「話せばわかってくれる」「はっきり断れば諦めてくれる」というような常識は通用しないと考えた方がいいでしょう。

また、ストーカーに間違った対処法を取ってしまうことで、逆上し被害がエスカレートする危険性もあります。

そして、予想を上回る行動や事件を起こすことも考えられます。また、家族や友人・恋人が巻き込まれる可能性もあります。

まずは、ストーカーによるつきまとい被害の証拠を徹底的に収集することで、加害者が言い逃れできないようにします。

決定的な証拠がないと、加害者に責任を追及することはできません。

また、ご依頼者の希望に沿った調査やサポートをお約束いたしますので、どのように解決したいかお聞かせください。

どのように証拠を集めるのか?

ストーカーによるつきまとい被害の状況やお持ちの情報を基に、張り込み調査・尾行調査・聞き込み調査・実態調査を行ない、被害の証拠を徹底的に収集します。

また、ご依頼者の希望に応じて加害者の特定調査・身辺情報の収集・勤務先調査・実家調査・潜入調査など、必要な調査項目やサポート内容が異なります。

探偵の証拠収集は、秘密裏に行われますので、加害者に気づかれることはありませんのでご安心ください。

ストーカーに対して接触禁止命令(接近禁止令)を取る方法

接触禁止命令を取るためには、地域の法律に基づいて手続きを行う必要があります。

一般的な手順は以下の通りです。

  • 1.弁護士や地元の警察署を訪れ、接触禁止命令の取得についての情報を求める。
  • 2.必要な書類や証拠を収集し、申請書を作成します。
  • 3.申請書を裁判所に提出し、審査のための日程を予約します。
  • 4.審査日に出廷し、ストーカー行為の証拠や被害状況を説明します。
  • 5.裁判所が接触禁止命令を発行するかどうかを判断します。

重要な注意点として、個々の状況によって手続きや法的要件が異なる場合があるため、専門家に相談することが重要です。

ストーカーによるつきまとい調査の費用

当事務所のストーカー・つきまとい調査は、基本料金132,000円から調査依頼を承っております。

ストーカー・つきまとい調査の依頼料の取り決めは、事前の情報量・被害状況・取得する証拠及び情報の種類・難易度・調査期間(日数、時間数)などに応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

ストーカー・つきまとい調査の料金相場

ストーカー・つきまとい体験談の料金グラフ

ストーカー・つきまとい被害体験談の過去の事例から、おおよそ132,000~600,000円前後の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

しかし、ストーカー・つきまとい被害の状況に応じて料金が異なりますので、正式な金額は見積もりをお問い合わせください。

また、ご予算をお知らせいただけましたら、必要な証拠と不必要な調査を精査したうえで、ご予算内で行なえる最良の調査プランをご提案させていただきます。

選べる3つの料金プラン!

1.成功報酬プラン

ストーカー・つきまとい調査の成功報酬プランは、どのような調査結果を成功とするか、ご依頼者と話し合ったうえで、証拠を取得できるまで調査いたします。

※成功報酬プランは着手金が発生しますので、詳細は担当者にお申し付けください。

2.コミコミプラン

コミコミプランは、調査時間やかかる経費が想定できないときに使われます。コミコミプランにすると、時間と経費を気にしないで調査をご依頼いただけます。

難易度が高い調査であれば割安になる可能性もあります。

3.時間料金制プラン

時間料金制プランは、多くの探偵事務所が採用している料金システムで、調査内容に関わらず「調査員1名につき、1時間あたり○○○円」と料金が決まっているプランです。

調査対象者の行動パターンや移動手段などをある程度把握できている方に、推奨している料金プランです。

ストーカーによるつきまとい相談Q&A

Q

ストーカーに対してどのように自衛すれば良いですか?

A

自衛のために以下の対策を考慮してください。①外出時には、同行者を求めるか、人の多い場所を選ぶようにします。②適切な安全対策を講じ、自宅や車を確保します(セキュリティカメラの設置、窓やドアの補強など)。③個人情報を注意深く扱い、SNSなどでプライバシー設定を強化します。

Q

名誉を傷つける行為はストーカーにあたりますか?

A

名誉を傷つける行為は、ストーカー行為の一形態としてみなされることがあります。具体的な法的定義や判断は地域や法律によって異なりますが、名誉を傷つける行為が重大な被害をもたらす場合、ストーカー行為として取り扱われる可能性があります。

Q

ストーカーされている確信はありませんが相談してよいですか?

A

はい、ストーカーに関する不安や疑念がある場合でも、相談してください。専門家や警察に相談することで、適切な支援やアドバイスを受けることができます。

ストーカーのつきまといの相談窓口

つきまとい被害でお悩みの方で、少しでも迷っている方は無料相談をご利用ください。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口は、ストーカーのつきまといに特化した探偵事務所です。

無料相談では、被害相談から対処法など役立つ情報をお伝えいたします。

ストーカーのつきまとい被害に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・ラインにて24時間(土日・祝日問わず)お受けいたします。

緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。つきまとい・ストーカー調査の担当者が対応いたします。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談