ストーカー関連記事 - ストーカーレポート

Stalker report

ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーレポート > ストーカー・つきまとい被害体験談から考える解決策
公開日: 2022/02/16
ストーカー関連記事 - ストーカーレポート
 公開日: 2022/02/16

ストーカー・つきまとい被害体験談から考える解決策

ストーカーやつきまといから身を守るために何をすべきかを考えてみましょう。

ストーカーやつきまといは相手に強く執着してしまい、周りが見えていないため暴走してしまうことがありますので放置しないでください。今回は実際にストーカー・つきまといの被害体験談をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
ストーカー・つきまとい調査レポート!

専門家によるストーカー無料相談窓口

ストーカー・つきまとい被害体験談

女性
ご依頼者様: 30代/女性 会社員
ご依頼内容: ストーカー特定調査
ご依頼理由: ストーカーのきっかけになった首謀者は大学の時に交際していた男です。その男が私に付きまとう際に男女関係なく友達等を巻き込んでいた様子で、その影響でそれぞれが単独行動をする場合もあり、複数人が関わっていると思われます。そのうちに終わるだろうと考えて、ここまで半年ほど経ってしまいましたが、自宅や職場は知られていて、未だに妙な人物を見かけたりして気味が悪いです。通勤時などは私の行動パターンが知られてしまっているので、毎日つけてくるというよりは時々姿を見せに来て、「監視アピール」をしている感じがします。このままでは自分自身では解決が難しいと感じています。このような場合でも解決していける方法はありますか?
女性
ご相談者様: 50代/女性 主婦 
被害内容: つきまとい調査
ご相談理由:

隣人によるつきまといや嫌がらせにうんざりしております。半年以上に渡る嫌がらせはしつこいとしかいいようがありません。警察にも届けるのですが「たまたまかもしれません」といって隣人をかばうような発言をします。具体的には、家を出るときにあわせて一緒に出てくる頻度が高いこと、近隣住民に悪評を流し孤立させようとするなど意図的にされていることが多く、けっして被害妄想ではありません。この前は、スーパーで買い物をしている時に見かけたので「よく遇いますね」といったら無視されました。たまたまなら気にしないのですが、あまりにもプライベートでも見かけることが多く、偶然で片づけられるレベルではないので行動を調べて欲しい。

ストーカーについて

女性へのストーカー

どこからがストーカー?

「ストーカー行為」とは、同じ人に対して「つきまとい等」を繰り返し行なうことをいいます。

「つきまとい等」とは、恋愛感情や好意、またそれが満たされないことによるうらみの感情により、その人またはその人の家族に対して、執拗にLINEやメールを送る、監視する、復縁を迫る、いたずら電話をかけるといった行為をいいます。

ストーカー規制法について

「つきまとい等」を繰り返すストーカー行為者に警告を与えたり、悪質な場合逮捕することで被害を受けている方を守る法律です。この法律による規制の対象となるのは「つきまとい等」「ストーカー行為」の2つです。ストーカー規制法で警察を動かすには証拠が必要となります。監視されている、勤務先や自宅の周辺をうろつく、電話やLINEなどで連絡をしてくるなどの状況があれば、録画、録音、スクリーンショットなどで保存してください。

ストーカー被害に関する相談内容

2018年以降、ストーカー被害の相談件数は減少はしたものの、年間2万件近い被害が警察に報告されていることから、ストーカー規制法だけでは不十分なのがわかります。

  • 職場の通勤時、退勤時につきまとう
  • 不審な車をよく見かける
  • 自宅や職場周辺で待ち伏せされる
  • 無言電話を頻繁にかけてくる
  • 監視していることを仄めかす
  • 近隣に悪い噂を流している
  • ネット掲示板に誹謗中傷する内容の書き込みをする
  • 郵便受けに不審な手紙が入っている

つきまといについて

つきまといをする意味

つきまといは、特定のターゲットに対して、嫌味や挑発して神経を逆なでするようなことを言ったり、笑い者にしたり、わざとぶつかってきたり、無言電話をかけてきたり、ネットでターゲットの情報を仄めかしたり誹謗中傷を書くなど、不快感を与えて色々な方法で嫌がらせをしてきます。

これらのつきまといは、水面下で活動する「集団ストーカー」による場合がほとんどです。また、それに近い小規模なつきまといや個人の恨みなどから来るつきまといなどもあります。

「いつもの生活と何か違う」と何かしら不快感を感じたら「つきまとい」かもしれません。

加害者の真の目的

加害者の目的は非常に多岐にわたるものの、ターゲットをおとしいれることが前提となります。単なるいたずらや軽い気持ちの嫌がらせといった比較的軽微なつきまとい行為もありますが、本当の目的が裏に隠されていることもあります。

  • 疑心暗鬼や異常者とみなされ、味方がいなくさせる。(孤立)
  • 自殺に追い込む。(自殺教唆)
  • 感情を支配されることにより犯罪者に仕立て上げられる。(冤罪)
  • 統合失調症やうつ病になり、廃人にされる。(精神崩壊)
  • 通院、入院や辞職により経済的負担を強いる。(破産)

これらの目的を持って行なわれるつきまといは、証拠がないと第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないリスクが高く、一人で立ち向かうのは非常に危険です。

つきまとい被害を受けてお困りの場合は、私ども専門窓口に迷わずご相談ください。

ストーカー・つきまとい調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

ストーカー・つきまといに関するQ&A

Q

つきまといの被害届を提出したい!

A

警察につきまといの捜査をしてもらうために被害届は必要です。ただし、つきまといは1度ではなく「繰り返しつきまとわれた」証拠が必要になります。複数人のつきまといでも、その中の1人に絞って証拠収集するようにしてください。複数人の証拠収集は、被害者1人では難しいのでまずは1人に絞って、そのあとは警察によって芋づる式に検挙されることがあるので任せましょう。

Q

名誉を傷つける行為はストーカーにあたりますか?

A

誹謗中傷、SNSなどで本人と特定されてしまう悪口を書き込む行為はストーカーです。愛情だけでなく怨恨による行為もストーカーに該当しますので、証拠を残すようにしてください。

Q

ストーカーされているかもしれないのですが確信はありません…

A

ストーカー被害は「気付いたらすぐ相談」してください。ストーカーに気が付いたらすぐに「警察」「家族」「友人」など相談して身の安全を確保するようにしてください。すぐに警察に動いてもらいたい場合は、先に探偵社に相談して「動かぬ証拠」を撮影してもらい、証拠持参で警察に相談してください。

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー・つきまとい相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、ストーカーの被害内容、つきまといに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop