探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【ハラスメント用語】シルバーハラスメント
公開日: 2021/08/14 最終更新日: 2021/08/09
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/08/14 最終更新日: 2021/08/09

【ハラスメント用語】シルバーハラスメント

シルバーハラスメントは、高齢者が弱者だから保護しないといけないという慈愛の精神がいつの間にか高齢者を見下す視点で色々な行為を高齢者にしたために、高齢者が不快に思うハラスメントになります。

さらに詳しく知りたい

シルバーハラスメントとは

定義が広いが年齢層は明白

60歳以上をシルバー世代というため、シルバーハラスメントは主に60歳以上の人権被害について全般を指すようです。お年寄りを保護する視点による行為を不快と考える高齢者もいれば、逆に介護を拒否して高齢者をいじめたりすることもシルバーハラスメントと言われています。

そのため多岐にわたる広義の意味の人権侵害として使われている言葉のようです。広義といっても被害者とされる人たちは60歳以上の年齢であり、加害者とされるのは通常60歳以下の介護などをする立場の人たちを指すことが一般的です。

ちなみに同じ高齢者同士の人権被害を通常シルバーハラスメントとはいいません。

シルバーハラスメント事例

老人のプライドを考慮しない

最近では少なくなってきていますが、電車のなかで高齢者を見かけると自分が座っている座席を「どうぞ」と言って譲る精神の人が2000年代までは多かったです。

このような声かけを嬉しいと思う人と高齢者に見られることを不快に思う人の差が当時は大きかったように思われます。

座席を譲られることを高齢者が不快と思ってしまえばシルバーハラスメントになってしまうかもしれません。しかし現代では高齢者に座席を譲る行為そのものが少ないため譲られた方は誰もが喜ぶのかもしれません。

これとは別に介護関係がシルバーハラスメントに直結します。家庭内の介護、介護施設での介護員による介護でたびたび起こるハラスメントは高齢者への虐待やいじめ、介護放棄などが挙げられます。

つまり高齢者を保護する思想から高齢者をいじめる対象へと変化していき、さまざまなシルバーハラスメント問題へとつながっています。

シルバーハラスメント関連ページ

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop