ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーレポート > 警察がストーカー被害に対応しない場合の対策方法
公開日: 2023/06/29 最終更新日: 2023/07/07
ストーカー関連記事 - ストーカーレポート
 公開日: 2023/06/29 最終更新日: 2023/07/07

警察がストーカー被害に対応しない場合の対策方法

警察に確実に動いてもらう方法とは

ストーカー被害は深刻な問題であり、被害者にとっては心身の安全が脅かされる恐れがあります。

しかし、時には警察が適切な対応を行わない場合もあります。

そこで、被害者が確実に対策を講じる方法が求められます。

警察に確実に動いてもらうためには、どのような証拠が必要なのか解説していきます。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年6月29日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- ストーカー被害で警察が動かない理由

ストーカーを警察に相談する

警察がストーカー被害に対して適切な対応を行わない理由は複数考えられます。

以下にいくつかの可能性を挙げますが、具体的な状況によって異なる場合もあります。

 

証拠不足

警察が適切に対応するためには、証拠が必要です。ストーカー行為はしばしば隠れて行われるため、被害者が証拠を提供することが困難な場合、警察の対応が限定的になることがあります。

 

優先順位の違い

警察は多くの犯罪や事件に対応しています。ストーカー被害は他の緊急性の高い事件と比較して優先順位が低くなることがあります。警察が限られた人員を割り当てる際に、ストーカー被害に対応することが難しい場合があります。

 

法的制約

警察は法的な手続きや規制に従って行動する必要があります。一部の場合には、特定の条件を満たさない限り、警察の介入が制約されることがあります。例えば、被害が軽微な場合や明確な身体的危害がない場合などです。

 

訴えの困難さ

ストーカー被害を告発するには、被害者が訴えを起こす必要があります。しかし、被害者が訴えを起こすことに抵抗感を抱いたり、証拠を提供することが困難な場合、警察が適切に対応することが難しくなります。

 

ストーカーによる殺傷事件や暴力事件が度重なり、警察への相談にも関わらず適切な対応が行われなかったケースが存在することから、ストーカー規制法は見直され、現在では警察もより慎重な対応をするようになっています。

2- すぐ警察に通報すべきストーカー被害事例

身体的な危害や暴力の脅迫:もしストーカーが直接的な身体的危害を加えたり、暴力を脅迫している場合は、即座に警察に通報しましょう。自分や他の人々の安全が直接的に脅かされている可能性があります。

 

脅迫メッセージや嫌がらせの増加:ストーカーからの脅迫メッセージや嫌がらせが頻繁に発生している場合も、警察に通報する必要があります。被害がエスカレートしている可能性があり、早急な対応が求められます。

 

不審な行動や監視の目撃:ストーカーによる不審な行動や自身が監視されていると感じる場合、警察に通報しましょう。自分の安全を確保するために警察の支援を受けることが重要です。

 

侵入や窃盗などの犯罪行為:ストーカーが侵入したり、窃盗などの犯罪行為を行っている場合は、直ちに警察に通報し、事件を報告しましょう。法的な手続きが必要な場合があります。

 

これらは一般的なストーカー被害の事例ですが、状況は個別に異なる場合があります。

被害者は自身の安全を最優先に考え、直感や判断に従って適切な行動を取るべきです。

警察に通報することで、被害者の安全確保やストーカー対策の展開が可能になる場合があります。

3- 警察に相談しても解決が難しいケース

警察に解決できないとき

ネット上でのストーカー被害

近年では、ネットやSNSを使ったストーカー被害も増加しています。

しかし、ストーカー規制法に抵触しないようなネットストーカー行為なども存在し、警察では対処が難しいケースもあります。

例えば、ストーカー犯がSNSアカウントにてなりすまし行為をする場合や、ネットで個人情報を特定されたり、ハッキングなどにより個人情報を盗まれたりされた場合です。

相談をすることにより、被害の相談実績を警察署へ残すといった意味合いはありますが、直ちに捜査を行なってくれるかは、被害内容次第といっていいでしょう。

ストーカーが誰かがわからない場合

ストーカー犯がどこの誰かもわからない、加害者が複数いる場合など、相手について不明瞭な点が多いケースは、警察も動きづらい案件です。

そのため、探偵社に依頼することで、ストーカー犯人の特定し、警察が動くだけの証拠を保持しておくと、警察への被害相談がスムーズになります。

被害が軽微な場合

被害が軽微な場合や身体的な危害がない場合、警察が優先的に対応することが難しい場合もあります。

警察の人員が限られているため、より深刻な犯罪に対応することが優先される場合もあります。

 

これらのケースでは、警察に頼るだけでは解決が困難な場合もありますが、諦めずに他の支援機関や専門家に相談することが重要です。

4- 警察を動かすためには「証拠」が重要

警察を動かすためには「証拠」が非常に重要です。

証拠は被害の実証や犯罪の立証に不可欠な要素であり、警察が適切に対応するための根拠となります。

以下に、警察を動かすために重要な証拠の収集方法をいくつかご紹介します。

 
メッセージやコミュニケーションの保存

ストーカーからの脅迫メッセージや嫌がらせの内容をスクリーンショットして保存しましょう。通話履歴やメール、SNSのメッセージなども証拠となる可能性があります。

 
監視(隠し)カメラの映像

自宅や周辺に監視カメラが設置されている場合や、自宅周辺に隠しカメラを設置している場合、ストーカーの行動を記録した映像が証拠となる場合があります。

 
目撃者の証言

もし他の人がストーカーの行動や嫌がらせを目撃している場合、その人の証言は重要な証拠になります。目撃者の連絡先をメモし、後日警察に提供することができます。

 
医療記録

ストーカーによる身体的な攻撃や傷害があった場合、医療機関での診断や治療記録は重要な証拠となります。医療機関に相談し、証拠となる文書や報告書を入手しましょう。

 

これらの証拠を集める際には、原本を保管するか、バックアップを作成して複数の場所に保存することが重要です。

また、証拠を提供する際には警察への相談や専門家の助言を受けながら適切な方法で提供することが重要です。

5- 探偵が行なうストーカー被害の証拠収集

探偵は、ストーカー被害の証拠収集において有用な手段となることがあります。

以下に、探偵が行なうストーカー被害の証拠収集に関する一般的な方法をいくつかご紹介します。

 

監視と追跡:探偵はストーカーの行動を監視し、追跡することができます。ストーカーの行動パターンや嫌がらせの証拠を収集するため、車両や人物の移動を観察し、詳細なレポートや映像を提供します。

 

デジタル証拠の収集:探偵はオンライン上の活動やコミュニケーションを調査し、電子メール、SNSのメッセージ、通話履歴などのデジタル証拠を収集することができます。コンピューターフォレンジック技術やデータ解析手法を駆使して、ストーカーの行動や身元を特定することもあります。

 

証言の取得:探偵は関係者や目撃者から証言を取得することができます。被害者や関係者へのインタビューや、ストーカー行為を目撃した人々からの証言を収集し、証拠となる情報をまとめます。

 

証拠の文書化と報告:探偵は証拠を適切に文書化し、報告書としてまとめることができます。時間、場所、証拠の詳細な説明、目撃者の証言などを含む報告書は、法的な手続きや警察への提出に役立ちます。

 

探偵は専門的な知識や技術を持ち、法的な制約を遵守しながら証拠を収集することが求められます。

ただし、ストーカー被害の解決において探偵を利用するかどうかは、個別の状況や地域の法律によって異なる場合があります。

6- ストーカー調査の料金について

当事務所のつきまとい・ストーカー調査は、基本料金132,000円から調査依頼を承っております。

ストーカー調査の依頼料の取り決めは、事前の情報量・被害状況・取得する証拠及び情報の種類・難易度・調査期間(日数、時間数)などに応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

ストーカー調査の料金相場

警察に動いてもらうためのストーカー調査の料金グラフ

ストカー被害の過去の事例から、おおよそ132,000~600,000円前後の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

しかし、つきまとい・ストーカー被害の状況に応じて料金が異なりますので、正式な金額は見積もりをお問い合わせください。

また、ご予算をお知らせいただけましたら、ご予算内で行なえる最良の調査プランをご提案させていただきます。

選べる3つの料金プラン!

1.成功報酬プラン

ストーカー調査の成功報酬プランは、どのような調査結果を成功とするか、ご依頼者と話し合ったうえで、証拠を取得できるまで調査いたします。

※着手金が発生いたしますので、詳細は担当者にお申し付けください。

2.コミコミプラン

コミコミプランは、調査時間やかかる経費が想定できないときに使われます。コミコミプランにすると、時間と経費を気にしないで調査をご依頼いただけます。

難易度が高い調査であれば割安になる可能性もあります。

3.時間料金制プラン

時間料金制プランは、多くの探偵事務所が採用している料金システムで、調査内容に関わらず「調査員1名につき、1時間あたり○○○円」と料金が決まっているプランです。

調査対象者の行動パターンや移動手段などをある程度把握できている方に、推奨している料金プランです。

ストーカー調査の料金事例

下記に掲載された料金は、ストーカー調査の料金事例であり、この料金で結果が保証されるものではありません。

難易度 ★★ 調査期間:2日(20時間)合計金額:180,000円
難易度 ★★★ 調査期間:7日(40時間)合計金額:400,000円
難易度 ★★★★ 調査期間:15日(60時間)合計金額:660,000円

7- ストーカーの証拠収集に関するQ&A

Q

証拠を収集するために、どのような種類の証拠が有効ですか?

A

有効な証拠は、ストーカーの行動や嫌がらせを裏付けるものです。具体的な証拠の例としては、脅迫メッセージや嫌がらせの記録、写真やビデオ映像、目撃者の証言、ストーカーのオンライン活動のログなどがあります。

Q

探偵を雇って証拠を収集する場合、どのように進めればよいですか?

A

探偵を雇う場合は、信頼できる探偵事務所を選び、契約内容や報酬について明確に話し合いましょう。探偵には目的や要求事項を詳しく伝え、証拠の収集方法や報告書の提供などの細かな手順についても話し合うことが重要です。契約書には秘密保持契約などを含め、法的な側面も確認しましょう。

Q

証拠を提出する際、どのような手続きが必要ですか?

A

証拠を提出する際は、警察や弁護士に相談して適切な手続きを確認しましょう。一般的には、証拠をまとめた報告書や資料を作成し、正確な日時や場所、証拠の詳細な説明を含めることが重要です。証拠の提出は、ストーカー被害に関する法的な手続きや訴訟において役立つことがあります。

Q

ストーカー被害を警察に報告する際、どのような情報を提供すべきですか?

A

ストーカー被害を警察に報告する際、以下の情報を提供すると役立ちます。①ストーカーの身体的特徴や個人情報(もし知っている場合) ②ストーカーからの脅迫メッセージや嫌がらせの内容(テキスト、メール、SNSなど) ③ストーカーの行動パターンや監視の証拠(目撃情報、監視カメラの映像など) ④ストーカー被害による身体的な傷害や侵入の証拠(写真、医療記録など)

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

ストーカー被害の状況、ストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談