探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】ブライティングとは
公開日: 2021/07/03 最終更新日: 2021/07/01
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/07/03 最終更新日: 2021/07/01

【集団ストーカー用語】ブライティングとは

《ブライティングとは》
集団ストーカーでよく使われる心理作戦のひとつと考えられています。ターゲットの人を精神的に追い込むために「監視している」や「ストーカー」しているなど被害側にたいして心理的意味付けを加えることを加害側が一方的に信じている行為のひとつになります。

目次│さらに詳しく知りたい

ブライティング

光を利用した心理作戦

ブライティングとは、車のヘッドライト、バイクのヘッドライト、自転車のヘッドライト、家の屋外灯などで被害者すなわちターゲットの人や自宅を照らし、本人の心理を不快にさせる行為全般を指します。撮影などのスポットライトを想像すると分かりやすいです。

ライトを被害者に何度も浴びせることにより、被害者が「自分は集団ストーカーに遭遇している」と精神的に追い込むための破壊工作用の心理作戦と言われています。集団ストーカーとは組織犯罪で各被害者への手法が一貫していることが多くガスライティングの一種としてブランティングが行われています。

心理作戦というのは戦後最も研究されてきた分野です。何十年と集団ストーカーが続いている背景で、世界中の被害者の発言に類似性が認められています。そのことを被害者の方が理解していればなんの意味もなくなる行為です。

ブライティングに関する嫌がらせとは

ブライティングによる嫌がらせ事例

ブライティングによる嫌がらせは、主に「車のハイビーム」「携帯電話の光」を被害者を照らしてきます。走行中に被害者がよく見かけるのは車だけではなく、バイクや自転車もあり「無灯」で光を発しないパターンもあるので「意識しすぎない」ことが最大の防御策です。

スポットライトを浴びせることで被害者側が異常事態を勝手に感知して「不快を感じストレスが溜まる」のを加害側は狙っており、知っていればその行為は無効、知らなければ効果が絶大 となっているのです。

被害者本人へのスポットライトだけではなく、被害者の自宅や頻繁に利用する通行路を故意に明るく照らすようにセンサーライトを忍ばせることもあります。

ブライティング関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop