探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > パワーハラスメント(パワハラ)について
公開日: 2018/10/29 最終更新日: 2018/11/14
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2018/10/29 最終更新日: 2018/11/14

パワーハラスメント(パワハラ)について

パワハラについて

パワハラとは主に職場での優位性を利用して業務の適正な範囲を超えて精神的、身体的にダメージを与える又は職場での環境を悪化させる行為を言います。職場内の優位性とは上司から部下への嫌がらせをさして使われる場合が多いですが、先輩、同僚、後輩、又は部下から上司に対して行われるものもあります。職場での優位性には、職務での地位に限らず、人間関係や経験などの様々な優位性が含まれています。

パワハラ行為に該当するもの
  • 精神的な攻撃(脅迫、侮辱、過度な暴言など)
  • 身体的な攻撃(暴行行為、傷害など)
  • 業務での過大な要求(仕事の妨害行為、業務上明らかに不要な事、遂行不可能なことの強制など)
  • 業務での過小な要求(仕事を与えないなど)
  • 人間関係の切り離し(無視、故意的隔離、仲間外れなど)
  • 個人への侵害(私的なことに過度に立ち入る行為、言動など)

パワハラ被害で悩まれている方はたくさんいらっしゃると思います。特に上京してきて働いている人など、周りに相談できる人が少なく1人で悩まれている方もいらっしゃると思います。「仕事でミスをしてしまった」等パワハラが始まる理由がどんな理由であるにしても決して自分は間違っていないという事を理解しましょう。人の尊厳は尊重されるべきであり、あなたにいじめや嫌がらせ被害に遭わなければならない理由なんて一つもないからです。

パワハラに関連するQ&A

Q

パワハラで訴えるには?

A

まずは証拠を集めます。パワハラでの訴訟は証拠が重要です。パワハラを受けた事実を証明する証拠とは、『ボイスレコーダー』『病院の診断書』『パワハラで受けた内容を映像・日記に残す』『同僚の証言』などが必要になりますのでパワハラを受けるたびに形に残しておくことを心がけて下さい。訴訟を起こしても、証拠が不十分で敗訴になってしまえば、余計な労力と心労で更にダメージを受けてしまいます。

Q

逆パワハラとは?

A

部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行ういじめや嫌がらせ行為のことをいいます。パワハラ問題の対処とも共通しますが、「逆パワハラ」の被害を受けてしまったとき、まずは証拠を収集することが必要となります。「逆パワハラ」の被害者となってしまった上司の方や、会社内の「逆パワハラ」問題にお困りの経営者の方は、嫌がらせ専門窓口にお早目にご相談ください。

パワハラについてのご相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop