ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > Twitterを使った嫌がらせについて
公開日: 2023/05/17 最終更新日: 2024/03/29
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2023/05/17 最終更新日: 2024/03/29

Twitterを使った嫌がらせについて

Twitterを使った嫌がらせは、匿名性や拡散性の高さから一層深刻化しています。

誹謗中傷や噂の拡散、プライベート情報の公開などが被害者を苦しめます。

本記事では、Twitterを使った嫌がらせの特徴や影響、被害者の対応策について詳しく解説します。

SNSの利用者は自身の安全と他者への配慮を重視する必要があります。

⇒ 2023年5月17日更新 / 執筆者 / 監修者ページ

詳しく知りたい方へ

1- 殺伐とした「Twitter」の世界

Twitterでの嫌がらせ

「Twitter」は、時に殺伐とした雰囲気が漂うこともあります。

個人の意見や情報が容易に拡散され、激しい論争や攻撃的な言葉が交わされることがあります。

政治や社会問題などの議論が熱くなり、険悪な雰囲気が広がることもあります。その一方で、情報共有やコミュニケーションの場として有益な側面も存在します。

利用者は自身の投稿や反応に注意し、相互理解と寛容さを持ちながら、建設的な意見交換を行うことが求められます。

2-「スルースキル」だけでは対処できないことも

Twitterでの嫌がらせで代表的なものがユーザーたちの間で使われる「クソリプ(クソのようなリプライ)」です。

リプライとは、他のユーザーから送られるツイート(返信)のことで、相互フォローではない相手から、急にリプライが送られることがあります。

友好的なリプライもありますが、中には攻撃的なリプライも多く、これが、Twitterが他のSNSよりも殺伐とする理由でもあります。

こうした不快なリプライには「スルーする」という対処法、あるいはブロックやミュートする方法もあります。

しかし、生活に実害が出てしまっている場合、話は変わってきます。

その際は犯人を特定して法的措置を検討する必要があるでしょう。

3- Twitterジャパン社の残念な対応

トラブル解決もユーザー任せ

Twitterでの嫌がらせ行為は、単なるクソリプにとどまりません。

Twitterの規定で「なりすまし」は禁止されているにもかかわらず、特定ユーザーになりすますアカウントが存在し、特定の思考を持つユーザーに敵意を持っていることが多く、誹謗中傷を繰り返します。

加えて、最近では、特徴的なエピソードや主義主張の強いツイートが好まれ拡散されやすい傾向があります。

尖ったエピソードを連発するユーザーがなりすましの場合、特定のユーザーになりすましているわけではないため、規定違反にはあたりません。

Twitterジャパン社で対応することはありません。

そもそも、個人間のトラブルに関し、Twitterジャパン社が間に入って解決しようとする姿勢は希薄であり、それは「ヘルプセンター」の文言からも明らかです。

ユーザーのリテラシー任せになっているのが現状です。

4- Twitterを使った嫌がらせの特徴

Twitterを使った嫌がらせの特徴は以下のようなものがあります。

匿名性

Twitterでは匿名でアカウントを作成し、投稿やコメントをすることができるため、加害者が身元を隠すことができます。

 

拡散性

ツイートは瞬時に拡散されるため、嫌がらせの投稿が多くの人に広まりやすくなります。

 

誹謗中傷や噂の拡散

Twitterでは他のユーザーを誹謗中傷したり、根拠のない噂を拡散したりする行為が頻繁に見られます。

 

プライベート情報の公開

嫌がらせの一環として、他の人のプライベート情報を公開することもあります。

 

ハラスメントや追い詰め

特定のユーザーを執拗に攻撃し、ストーキングや追い詰めるような行為が行われることもあります。

 

これらの特徴により、Twitterを使った嫌がらせは被害者にとって深刻な影響を与えることがあります。

適切な対策や報告手続きを行い、被害を最小限に抑えることが重要です。

5- Twitterを使った嫌がらせの影響

Twitterを使った嫌がらせは、被害者にさまざまな影響を与えます。

以下にその一部を挙げます。

心理的影響: 嫌がらせの投稿や攻撃的なコメントにより、被害者は不安や恐怖、抑うつなどの心理的な苦痛を経験することがあります。
 
社会的影響: 嫌がらせの拡散により、被害者の評判や信用が損なわれる可能性があります。これは仕事や学校、人間関係などさまざまな社会的な側面に影響を与えます。
 
プライバシー侵害: 嫌がらせの一環として、個人のプライバシー情報が公開されることがあります。これは被害者にとって大きな侵害となります。
 
身体的影響: 一部の被害者は、嫌がらせによりストレスが増大し、体調不良や睡眠障害など身体的な健康への影響を受けることがあります。
 
行動の制約: 嫌がらせにより、被害者は自己表現や行動の自由を制約される場合があります。これはオンライン空間や現実世界での活動に悪影響を及ぼす可能性があります。
 

これらの影響は個人や状況によって異なりますが、嫌がらせは被害者に深刻な苦痛をもたらすことがあるため、早期の対策やサポートが重要です。

6- Twitterを使った嫌がらせの犯人特定

Twitterジャパン社に通報し、嫌がらせの投稿の削除申請をしても対応してもらえないことが多々あります。

名誉毀損の内容であったとしても「説明不足」と判断されてしまうケースです。

もしもTwitterが設置しているフォームからの削除が難しい場合は、法的な手段で削除できるように対策をしなければなりません。

その場合、ご自身だけでの対処は難しく、ネットトラブルに詳しい探偵社に依頼することで、弁護士と相談しながら進めていきます。

Twitterでの嫌がらせによって生活に支障をきたしてしまった場合は、嫌がらせの犯人に対して損害賠償請求や名誉毀損で刑事告訴するなど法的措置を検討すべきです。

犯人の特定について

「Twitterで嫌がらせをしてくる犯人を特定できるのか?」と疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

Twitterは匿名で利用できるため、ハードルが高く、Twitterジャパン社も利用者の情報公開に非協力的なことは確かですが、法的手順を追っていけば個人の特定は可能です。

発信者情報開示請求という手段で嫌がらせの投稿をしたIPアドバイスを取得し、プロバイダーを特定してから犯人の名前や住所、電話番号などの情報を入手することで特定できます。

加えて、嫌がらせの内容が名誉毀損や侮辱罪に当たることが証明できれば、犯人を刑事告訴して刑事罰に問うこともできます。

その場合は裁判で認められる客観的で確固たる証拠を集めることが重要になります。

嫌がらせによって受けた心の傷に対して、損害賠償請求をする場合も、証拠集めは必要不可欠です。

7- Twitterを使った嫌がらせQ&A

Q

Twitterで嫌がらせを受けています。どのように対処すれば良いですか?

A

嫌がらせを受けた場合は、まずは冷静に対応しましょう。対策としては、ブロックや報告機能を利用して加害者を遮断し、被害届を提出することも検討できます。また、サポートを求めるために信頼できる友人や家族に相談することも大切です。

Q

誹謗中傷や噂の拡散が広がっています。どのように対応すれば良いですか?

A

誹謗中傷や噂の拡散に対しては、適切な反論や訂正を行うことが重要です。また、関係者に対して真実を伝えることや証拠の提供を行うことも有効です。さらに、弁護士や法的専門家の助けを借りることも検討できます。

Q

Twitter上で匿名アカウントから嫌がらせを受けています。特定する方法はありますか?

A

匿名アカウントからの嫌がらせの特定は難しい場合があります。証拠の収集や目撃者の情報収集、Twitterの運営チームへの報告などが有効な手段です。必要に応じてプロフェッショナルの協力も検討しましょう。

Q

ツイートが拡散され、嫌がらせが増えています。対処方法はありますか?

A

ツイートの拡散を抑えるためには、プライバシー設定の見直しやアカウントの制限、不適切なツイートへの返信を控えるなどが有効です。また、支持者やコミュニティのサポートを求めることも大切です。

SNSの嫌がらせ関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談