探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > ツイッターを使った嫌がらせ
公開日: 2018/11/05 最終更新日: 2018/11/13
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2018/11/05 最終更新日: 2018/11/13

ツイッターを使った嫌がらせ

ツイッターを使った嫌がらせ

ツイッターは匿名性の高さや一人で複数のアカウントを所有できることから、特定の相手に対する嫌がらせや、なりすましによるネガキャン(ネガティブキャンペーン)をされてしまうことがあります。一方的に攻撃され、辞めさせたいのに相手の素性も分からず泣き寝入りしてしまわないように、解決が可能な機関へ相談をしましょう。

ツイッターによる嫌がらせ

被害事例

  • ダイレクトメッセージ(DM)やリプライで罵倒やいわれのない言葉が送られてくる
  • 自分を名乗る偽のアカウントが、事実無根のことを言いふらしている
  • リプライではなく、タイムラインで自分に向けているかのような悪口(空中リプライ・空リプとも)を繰り返している
  • 複数のアカウントから、しつこく言葉を浴びせられる

ツイッターに関連するQ&A

Q

嫌がらせ相手の特定は可能ですか?

A

ツイッター社への申請によって可能です自分ででき、かつ最も簡単な方法としては、ツイッターのwebページから直接情報開示請求を行うことです。しかし、この方法では請求したアカウントに通知が渡る場合があります。理由としては、できるだけ請求元と請求先の間でのトラブルを当事者間で解決させるためとされています。相手に知られずにアカウントから本名や住所を特定する場合、専門の調査機関による特定の依頼が可能です。事前に対象となるアカウントの情報をお持ちいただければ、短期間での調査も可能です。

Q

ツイッターで誹謗中傷を受けて困っていますが、対応の仕方がわかりません

A

ツイッター社への削除申請が行うことができます特定のアカウント、あるいは複数のアカウントから、リプライやダイレクトメッセージを異常な受信数がある場合は、ツイッター社への削除申請や、ストーカー規制法に基づいて情報開示や保護命令を警察に申請することも可能です。ただし、空中リプライなどの自分に対して投稿しているようでも、第三者から見た場合は、不特定多数であったり別のアカウントに対しての投稿と判断されてしまい、削除申請が受理できない可能性もあります。そういった手法で誹謗中傷を繰り返すアカウントは、専門機関への依頼によって調査し、証拠収集を行うことができます。

ツイッターに関するご相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop