探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 【集団ストーカー】グループ行動する嫌がらせ
公開日: 2018/10/10 最終更新日: 2019/03/20
探偵ニュース
 公開日: 2018/10/10 最終更新日: 2019/03/20

【集団ストーカー】グループ行動する嫌がらせ

嫌がらせを1人でやる人もいますが、2人か3人など複数の人間が分担して嫌がらせ行為を行っている案件が非常に多いです。中には金銭が発生していることもあり、「生活のために」やっている人の存在が確認できています。

【集団ストーカー】相談窓口

嫌がらせ行為者はグループで活動する

複数なのはお互いに監視しているため

1人では何もできないから複数で嫌がらせするという心理は「同じ穴のムジナ」であると認識させ、嫌がらせ行為自体をやめさせないように仕向けています。複数の追尾もたいてい2~3人ぐらいで、ある1人を監視するように後ろに2人が配置されてる事例は全国的に報告が多く、探偵業でも行う作戦です。よく不審車を見かけるのは被害者より加害者を監視するために、車を停車してるという視点も考えられます。

嫌がらせ行為者の現状

単発的な嫌がらせならまだしも、長期間続ける嫌がらせ行為は、予算や人材探しなど、コストがかかるため限界があります。嫌がらせ行為をしてる人は最初は被害者を見下した態度を見せますが、月日が経つにつれ顔の表情は険しくなるか無表情で目がうつろで、時にはイヤイヤやってる人も見かけるほどです。逃げようと考えても常に見張り役がいて監視状態。洗脳されないかぎりは、加害者が常に被害者より深刻な状況に置かれてることは間違いありません。「同じ穴のムジナ」を抜け出すなら、仲間でさえも嫌がらせをするような現状でしょう。嫌がらせ行為をする加害者に同情する余地はありませんが、嫌がらせが嫌がらせを呼ぶ環境にしないためにも調査という方法で悪いループを断ち切って平穏な暮らしができるように全力を尽くします。

嫌がらせ対策相談事例

グループストーカーの実例

  • 咳払いのアンカリングがひどいため、気のせいか故意か確認したい。
  • 朝起きると手足がしびれたり頭痛がする原因が電磁波の影響だと疑っている。(病院には異常無しと診断済み)
  • ストーカー行為が一人の人物によるものではないことは分かっているが、どういった手段で行っているかは分からない。
  • いずれ終わると思い毎日苦痛を強いられながら生活してきたが、悪化してしまった。
  • 学生時代に根も葉もない噂が広まり、それが社会人になった今も続いている。
  • こちらの動きや部屋の中が見えているかのような言葉を投げかけてくる。

嫌がらせ行為による精神的な影響

嫌がらせ行為による精神的被害は相当大きいと考えられます。被害者は「今日も監視されているかもしれない」「家の前に立っているかもしれない」「盗聴されているかもしれない」といった不安が、常に頭から離れなくなります。嫌がらせ行為が長期的に続くと、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や睡眠障害など、さまざまな症状が被害者を長期的に苦しめる事になるのです。自己中心的な犯罪者の行う嫌がらせが原因で、病気になるのは耐えられません。嫌がらせに対して自己判断は危険性を伴いますので、一人で問題を解決しようとせず、専門家や公的機関などに早めに相談することが大切です。

人に理解されない嫌がらせ行為

被害を証明することが先決

集団ストーカー犯罪は人に理解されない嫌がらせ行為という名の犯罪です。今まで表にでなかったのは、被害者が精神疾患と診断され入院、治療、リハビリと時間に当てていたからです。最悪、自ら命を落としてしまったり、パワハラ、セクハラ、モラハラを立証されて別のカタチで解決しています。

決して集団ストーカーというカタチで表にでなかったのです。あおり運転も危険運転も、集団ストーカーの被害に入ってるので小分けされて世間に知れ渡っていたらそのうちテクノロジー犯罪が表に出る可能性は十分にあるでしょう。また、それはそれで加害者側はうまく工作するかもしれませんが、嫌がらせまでして被害者を不幸にする犯罪が、この先隠しきれることはないでしょう。

隠し通さないといけないこの集団ストーカーが、どの嫌がらせよりも陰湿で、思い込みであってほしい幻聴であってほしいと被害者が思うのも納得できます。要人レベルのやり方で嫌がらせ行為を行う理由が未だに全ては明らかにされていません。組織的犯罪と単なる嫌がらせ集団の2つが今日の不思議な現象を作り上げているということを覚えておいてください。

はじめて調査相談する方へ

はじめての方でもわかりやすくサポート

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査終了後のサポートについても経験豊富なスタッフがサポート致しますので最後まで安心してご利用いただけます。調査を依頼することが初めてな方ほど当事務所を利用してほしいと思っております。はじめての方でもわかりやすく丁寧な説明を心がけていますのでお気軽にご利用ください。

嫌がらせ専門対策室とは

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。集団ストーカー対策は、一般的な調査とは違い集団ストーカーに関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった集団ストーカー対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

調査依頼方法

自信があるからできる1日無料サポート

「解決事例など聞きたい」「担当者の質を確認したい」「調査方法を詳しく聞きたい」など、依頼する前に気になっている方は多いかと思います。最初は、「1日サポート」から初めてみませんか?不安が解消できたのであればそのまま調査に移行すればよく、まだなんとなく不安であれば依頼する必要はありませんので安心して利用できますください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop