探偵wiki - 探偵用語

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語集】グレーゾーン(灰色)攻撃
公開日: 2022/06/28 最終更新日: 2022/06/29
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2022/06/28 最終更新日: 2022/06/29

【集団ストーカー用語集】グレーゾーン(灰色)攻撃

グレーゾーン(灰色)攻撃とは聞きなれない言葉かもしれません。これは法律の目をかいくぐった工作手法です。どう言ったことがグレーゾーン手法なのか集団ストーカーを分析できるようになれば貴方はご自身の被害を深く分析できるようになります。

さらに詳しく知りたい

グレーゾーン(灰色)攻撃の具体例

【集団ストーカー用語集】グレーゾーン(灰色)攻撃

”法律に触れないければいい”心理とは?

令和3年にストーカー行為等の規制について法律が改正されました。

改正された内容は、簡潔に言うとストーカーをするためにターゲットを見張っているあらゆる場所も摘発可能となったり、GPSをターゲットの所有物などにつけて移動先を本人の承諾なく知ることです。

実際に集団ストーカーに遭遇している人は知っていることですが、常にストーカーをしてくる人が同一人物ではありません。

加害側は、同一人物のストーカーとして世間にバレないように、別の人をターゲット周囲に配置して、交代制や一時的なバイトやボランティアによってターゲットを取り囲んでいるのが実情です。

つまり、証明が難しい「グレーゾーン」となり、法律には違反していないことになります。法律が”不特定多数によるつきまとい”を禁止している場合、現在の集団ストーカーは逮捕できるというものです。

しかし、実際にはそのような法律ができていないため、集団ストーカーは同一人物ではなく、不特定多数の人物、とりわけ一回限りの人物を採用することで法の目に触れることなく、現在も集団ストーカーを行なっているといえるでしょう。

グレーゾーン(灰色)攻撃の真相

なぜ法律の網の目をくぐることが可能なのか

集団ストーカーは何十年前から被害が確認されていますが、メディアで集団ストーカーが騒がれることはありません。

理由は集団ストーカーとは、基本的に国籍に無関係な組織的犯罪であるからです。

世界的なネットワークが存在する複数の某宗教団体の関係者だけではなく、副業として一回限りのバイトによって工作員もいます。

人それぞれ、集団ストーカー要員としての関わり具合が異なります。そして彼らが個人的に繋がらないよう孤立させるという手法もとっているので、被害者だけではなく加害側の管理統制も集中的に行なっています。

それによって情報が漏れることがなく、世間の目を欺き、社会的認知度が低い状態で集団ストーカーを行なえるという背景があります。

「集団ストーカー」という人は「精神病」という認識を社会全体で行なう洗脳統制がとれていることに注目しなくてはなりません。

99

集団ストーカー被害で苦しんでいる人が「精神病」で片づけられ、集団ストーカーの被害を訴えた人は泣き寝入りの現状を変える必要があります。

グレーゾーン(灰色)攻撃関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop