探偵wiki - 探偵用語

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 嫌がらせのグレーゾーン
公開日: 2023/05/16
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2023/05/16

嫌がらせのグレーゾーン

グレーゾーンにおける嫌がらせは、法的な明確性がなく、社会的な規範にも明確に抵触しないが、他人に対して不快感や嫌悪感を与える行為を指します。

これには、微妙な嫌味や挑発、サブリミナルなメッセージの送信、巧妙ないじめや排除行動などが含まれます。

グレーゾーンの嫌がらせに対処するためには、明確なコミュニケーションや自己主張の強化、サポートやアドバイスを求めることが重要です。

また、法的な措置を講じる場合は、現地の法律や規制を確認する必要があります。

⇒ 2023年5月16日更新 / 執筆者 / 監修者ページ

さらに詳しく知りたい

1- つきまといのグレーゾーン

令和3年にストーカー行為等の規制について法律が改正されました。

改正された内容は、簡潔に言うとストーカーをするためにターゲットを見張っているあらゆる場所も摘発可能となったり、GPSをターゲットの所有物などにつけて移動先を本人の承諾なく知ることです。

複数人によるつきまといやストーカーに遭遇している人は知っていることですが、常にストーカーをしてくる人が同一人物とは限りません。

加害側は、同一人物のストーカーとして世間にバレないように、別の人をターゲット周囲に配置して取り囲んでいるのが実情です。

つまり、証明が難しい「グレーゾーン」となり、法律には違反していないことになります。

法律が“不特定多数によるつきまとい”を禁止している場合、逮捕できるというものですが、実際にはそのような法律ができていないため「グレーゾーン」となります。

2- “法律に触れないければいい”心理とは?

不特定多数によるつきまといや嫌がらせは何十年前から被害確認されていますが、メディアで騒がれることはありませんでした。

理由としては、国籍に無関係な組織的犯罪であるからです。

世界的なネットワークが存在する複数の某宗教団体の関係者だけではなく、副業として一回限りのバイトによる工作員もいます。

それぞれ、嫌がらせ要員としての関わり具合が異なります。

そして彼らが個人的に繋がらないよう孤立させるという手法もとっているので、被害者だけではなく加害側の管理統制も集中的に行なっています。

それによって情報が漏れることがなく、世間の目を欺き、社会的認知度が低い状態で不特定多数での嫌がらせを行なえるという背景があります。

今後は「不特定多数」というと、「被害妄想」という認識を持たれる現状を変える必要があります。

3- グレーゾーンに関するページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 English