ホーム > 探偵wiki > 法律 > ネットで嫌がらせを受けたらどうする?誹謗中傷・風評被害への対処法を紹介
公開日: 2023/05/19
探偵wiki - 法律
 公開日: 2023/05/19

ネットで嫌がらせを受けたらどうする?誹謗中傷・風評被害への対処法を紹介

インターネット上では誰もが気軽に意見や情報を発信できます。

しかしその反面、誰かに面と向かって言えないような発言も気軽にできてしまいます

故意に誹謗中傷や風評被害を行ない、意図的に相手を蔑む人がいるのが実情です。

もし自分がインターネット上で誹謗中傷・風評被害の対象にされた場合、どう対処すればいいのでしょうか。

この記事では、ネット上の嫌がらせについて当探偵事務所が受けた実際の相談事例を踏まえて、対処法を紹介していきます。

嫌がらせに課せられる刑罰も解説しますので、知識を身に着けて冷静に対処しましょう。

誹謗中傷・風評被害相談窓口

専門家
風評被害・誹謗中傷調査
2023年5月19日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、風評被害や誹謗中傷でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

ネット上の嫌がらせの相談事例

厚い本をめくる男性の手

過去に当探偵事務所に寄せられた、ネット上の嫌がらせの相談事例を紹介します。

もし今お困りの状況と似通った部分があれば、ヒントになるかもしれません。

Twitter上で複数人から誹謗中傷の嵐

相談者
LINEからのお問い合わせ
兵庫県40代女性

2年前からTwitter上で相互フォローしていた人と最近ささいなことから揉めてしまい、相手からしつこくリプライが送られていました。

私のツイートのスクショを載せて、それに対して追及するような内容です。

最初は特に相手にせず無視していましたが、相手の方がフォロワー数が多く、味方をどんどん増やして複数人からのリプライに発展しました。

内容もあることないことの誹謗中傷にまでおよんで、自分の持病を揶揄されることも増えました。

もう耐えきれないので、相手の開示請求を行なって誹謗中傷を止めさせたいです…。

「個人情報を特定したから晒す」と脅されて…

相談者
メールフォームからのお問い合わせ
神奈川県20代男性

ちょっとエッチなアカウントをTwitterで見つけて、やり取りしていたら実際に会いたいという話になりました。

でもそのアカウント自体に怪しさを感じていた部分もあって、連絡を返さずに無視していました。

すると2日ほど経ってから「もう個人情報まで特定しているから、会わないと晒す」と伝えられました。

何だか怖くなって、どこまで特定されているのかわからず不安です。

相手の正体や、本当に特定されているのかが知りたいです。

自分になりすました他人が勝手に投稿している

相談者
LINEからのお問い合わせ
宮城県20代女性

最近急にInstagramのフォロワーが急に増えて、もらうコメントやメッセージの内容が見に覚えのないことばかりでした。

調べてみたら、自分のサブ垢と称した見に覚えのないアカウントが、自分になりすまして投稿をしていました。

すぐに自分のアカウントでも「偽物だから通報してほしい」とお願いをしましたが、まだそのアカウントは存在しているみたいです。

もし今後、自分の評判を左右するような内容を勝手に投稿されたら…と不安です。

誰がこのアカウントをやっているのか特定して、なりすましを止めさせたいです。

急に口コミが増えたと思ったら…

相談者
電話でのお問い合わせ
熊本県40代男性

経営している飲食店のGoogle口コミの件数が、最近急に増えたんです。

でもどれも星1や星2の内容ばかり。

最近特にお客さんが増えたわけではないのに…と不思議に思っていました。

そうしたら、常連さんの一人から一件の書き込みを見せられました。

店の評判を落とすような悪評が、SNS上で拡散されていたんです。

お客さんは増えていないのに口コミの数だけ増えていて、店に来たこともないのに書いてる人がいるんだと思います。

大元の書き込みも、否定的なことを誇張して書いている内容でした。

店への風評被害を防ぐために、この書き込みを削除させたいです。

誹謗中傷・風評被害について

風評被害

そもそも、誹謗中傷や風評被害とは何を指す言葉なのでしょうか。

両者の違いを把握して、適切な対処ができるようにしましょう。

誹謗中傷とは

誹謗中傷とは、「誹謗」と「中傷」という二つの言葉を合わせた語句です。

  • 「誹謗」…根拠のない悪口で他人を誹り、名誉を汚し、貶めること
  • 「中傷」…根拠のない嫌がらせや悪口など
誹謗中傷の具体例
  • 職場で同僚の悪評を周囲に言いふらす
  • インターネットの掲示板やSNSなどにおいて、他人の地位を貶めるような嘘を書き込みをする

風評被害とは

「風評」とは世間の噂や世評のことで、それに伴う被害のことを「風評被害」と言います。

間違った情報や意図的なデマだけでなく、根拠の不確かな噂やあいまいな情報によって経済的損害を被ることも。

そのため、ただのネットの書き込みであっても、無視することはできないといえます。

風評被害の損害賠償請求

風評被害を受けた場合、下記の罪に該当すれば刑事告訴や損害賠償請求訴訟を提起できます。

  • 名誉棄損罪
  • 信用毀損罪及び業務妨害罪

しかし、訴訟で損害が認められるためには、風評被害による損害額がどれくらいか具体的に立証しなければなりません。

損害額をまとめても、該当する書き込みが風評被害の元となったと立証する必要があります。

もし証拠集めに不安がある場合は、探偵にまでご相談ください

 

ネットで嫌がらせを受けた場合の対処法

スマホの周囲に浮かぶ警告と画面に浮かぶドクロマーク

もしネット上で嫌がらせを受けた場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

大事なのは焦らないことで、感情的に反応してしまうと実行犯をより焚きつけることも。

気持ちを落ち着けて、下記の対処法を実践しましょう。

内容が真実か確認する

書き込みによる嫌がらせを受けた場合は、その内容が真実かどうかを確認しましょう。

まったくの嘘ばかりの内容であれば、適切な対処を取る必要があります。

もし真実の内容に基づく嫌がらせであっても、自分自身の社会的評価を低下させる内容である場合は名誉毀損の対象です。

誹謗中傷の内容が真実かどうかで対応の内容は変わりますが、実行犯を罪に問える可能性があることは共通しています。

書き込みの削除を依頼する

嫌がらせ目的の書き込みは無視し続けても良いですが、書き込みが影響して自分自身の評価が下がってしまう可能性が。

そうした懸念がある場合は、書き込みの削除申請をして悪影響を食い止めることができます。

自分自身が運営していないサイトであっても、運営へ連絡することで削除してもらえます。

誹謗中傷や風評被害に対しては、泣き寝入りせずに毅然と対処しましょう。

反論や正当性の主張ができる証拠を集める

書き込みが削除できたとしても、一度広まった評判を否定して回るのは骨が折れます。

そのため、自分自身の正当性を主張できる証拠を集めて掲載できれば、広まった評判が嘘であると示すのに有効です。

もし証拠集めが難しいと感じたら、当探偵事務所にまでご相談ください

探偵の調査手法を活かして、信用回復につながる的確な証拠の獲得に全力を尽くします。

ネットの嫌がらせで求刑できる刑罰

六法全書とガベル

ネットで嫌がらせを行なってきた相手は、下記の罪に問うことが可能です。

  • 名誉毀損罪
  • 信用毀損罪

それぞれどのような罪状なのか把握しておきましょう。

名誉毀損罪

名誉毀損罪とは、公の場で具体的な事実を示して誰かの名誉を傷つけたり、社会的地位を低下させた場合に成立する犯罪です。

この「具体的な事実」が虚偽でも真実でも、社会的地位の低下が確認されたら名誉毀損罪は成立します。

内容は単なる悪口ではなく、具体的な事実を明示している必要があります。

名誉毀損罪となり得る事例
  • 事件の犯人だという嘘を事実として拡散される
  • 新聞社に家族関係のトラブルがあったと勝手に報道される
  • 「配偶者と別れた上に借金を抱えている」という事実を勝手に明かされる
名誉毀損罪の罰則

3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金

信用毀損罪

信用毀損罪とは、虚偽の情報を流したり、人を騙したりすることで他人の信用を毀損した場合に成立する犯罪です。

信用毀損罪の「信用」は、経済的な信用に限定されます。

経済的な信用とは、お金や資力に関する信用のことであり、個人だけではなく企業、団体も含まれます。

信用毀損罪は親告罪ではないので、被害者による告訴がなくても刑事事件として立件される可能性があります。

※親告罪
告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪

噂が虚偽でなく真実だと成立しない

信用毀損罪は、「偽計」や「虚偽の風説」を用いて他者の信用を傷つけた際に成立する犯罪です。

伝えた情報が仮に相手の信用を傷つけるものであっても、当該情報が真実の場合、信用毀損罪は成立しません

しかし、誹謗中傷の内容が真実であった場合でも、名誉毀損罪は成立する可能性があります。

信用毀損罪となり得る事例
  • あの会社の経営者は暴力団関係者だ
  • 自己破産の経験があるから融資は絶対にするな
  • あいつは精神病だから関わるのはやめたほうがいい
信用毀損罪の罰則

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

ネット上の嫌がらせ被害に関連するQ&A

Q

匿名の掲示板で誹謗中傷されている私への書き込みを見つけてしまいました。書き込みの削除依頼、書き込んだ人物を特定することはできますか?

A

サービス提供者に要請することが可能です。不適切な投稿の削除や人物の特定はプロバイダ責任制限法という法律の手続きができます。しかし手続きには明確な客観的な証拠が必要になります。

Q

自分の会社で、ネット上に誹謗中傷めいた情報があった場合、信用に傷が付いてしまうのではないかと不安に思っています。調べられますか?

A

個人だけでなく、会社の風評被害も調査可能です。現代の競争社会では、あらゆる方法で自社の利益を上げようとする企業も存在します。例を一つ挙げるとすれば、インターネットにライバル企業の不利益になる情報(真偽は問わない)を流す「ネガティブキャンペーン(通称ネガキャン)」があります。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、掲示板・ブログ・SNS・動画サイトといったあらゆるウェブサイトにある風評を調査します。ネガキャンに該当する情報は弁護士やプロバイダを介しての削除申請や、情報開示による投稿者の特定の依頼から、投稿者への損害賠償請求など、問題解決をサポートいたします。

Q

自社の商品や会社に対する悪評がネット上で流されているとの噂を聞いたのですが調べてもらう事は出来るでしょうか?

A

信用調査とネットリサーチで解決。会社の悪評がどの程度の噂なのかによって対処方法が変ってきますが、ネット社会である今はすぐに噂は広まりますので、早急に対応することで損害も小さく済むケースがあります。まずは、我々専門家に相談してみましょう。

Q

偽計業務妨害罪との違いは?

A

信用毀損罪と偽計業務妨害罪の違いは被害の内容。信用毀損罪は相手の「信用」が傷つけられた場合に成立しますが、偽計業務妨害は相手の正常な業務運営が阻害された場合に成立します。両者は重複する部分もありますので、信用毀損罪であると同時に、偽計業務妨害罪も成立する余地があります。

風評被害や誹謗中傷についてのご相談

ご相談は365日24時間受付中

探偵や興信所に相談するのはなんとなく「不安」と思われる方は少なくありません。プライベートな悩みを話すわけですから、気が進まなくて当然です。

しかし、どんな問題でもひとりで悩んでいては良い解決ができません。最初は相談するのも不安があるかもしれませんが、問題が解決する事を考えれば、専門家への相談は必要なことです。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、はじめての方でもわかりやすく丁寧な説明を心がけていますのでお気軽にご利用ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談