ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > ノイズハラスメントについて
公開日: 2024/03/13
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2024/03/13

ノイズハラスメントについて

Category: 探偵wiki / 探偵用語 Tag:

ノイズハラスメントは、騒音や不快な音を利用して他人を嫌がらせる行為を指します。

この種のハラスメントは、集中力の低下やストレスの増加などの影響を被害者に与える可能性があります。

本記事では、ノイズハラスメントの定義、具体的な例、対策について解説します。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年3月13日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、ご依頼者の安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次

1- ノイズハラスメントの定義

ノイズハラスメント

ノイズハラスメントは、騒音や不快な音を故意に発生させ、他人を嫌がらせる行為を指します。

この行為は、被害者の日常生活や作業の妨げとなり、ストレスや不安を引き起こす可能性があります。

ノイズハラスメントはさまざまな形で現れることがあり、例えば隣人からの騒音や耳障りな音楽の大音量などが該当します。

ノイズハラスメントは嫌がらせの効果的

個人や複数人による嫌がらせで、ノイズハラスメントを仕掛けてくることがあります。

日本だけノイズハラスメントが見られるのではなく、世界的にノイズハラスメントされている報告があります。

心理学で「NLP手法」が一時大人気になりました。

そのひとつとして人は視覚・聴覚・触感に影響を受けることが分かり、人を思い通りに動かしたいときの「ビジネスマインド」が提唱されました。

ノイズハラスメントとは、NLPの触感を援用(悪用)した「人を不快な思いにするマインド形成」のためにマニュアル化されてきた歴史があるといってもいいのかもしれません。

2- ノイズハラスメントの具体例

ノイズハラスメントの具体的な例には以下のようなものがあります。

隣人からの騒音

隣の住居からの大音量の音楽、物音、家具の移動など、日常生活に支障をきたす騒音が継続的に発生する場合。

 

音声の嫌がらせ

匿名の電話やボイスメールで嫌がらせの言葉や脅迫的なメッセージを送る場合。

 

電子機器の不快な音

高音やジャンクションノイズなど、他人の快適な環境を妨げる不快な音を発生させる場合。

 

音量の過剰な使用

住宅やオフィスでの大音量なテレビや音楽の再生、騒がしいイベントの開催など、周囲の人々に不快感を与える音量の使用。

 

これらは一般的なノイズハラスメントの例ですが、具体的な状況や地域によって異なる場合があります。

被害者にとって不快でストレスを引き起こす音や騒音が、継続的に発生する場合は、ノイズハラスメントの可能性があると考えられます。

3- 嫌がらせに使う音の種類

音は、「子どもの鳴き声や悲鳴や奇声、集団で遊ぶ声、人の声、笑い声、靴音・工事音・建設音・掃除音・機械音・車両音・鳥や動物の声、虫の羽音やコオロギの鳴き声」なども含まれます。

音の嫌がらせは、偶然を装ってすべて工作されていることがあります。

タイミングよく、何らかの声や音が聞こえてくることもあります。

更に、どこから聞こえてくるのかわからないような小さな音で、機械音や話し声がするというのもあり、不安に陥れるには十分な嫌がらせになります。

ノイズハラスメントの相談事例

  • 自宅の庭に大量のコウロギをばらまかれた
  • 家の前を通る人が奇声を上げて通り過ぎる
  • 道路族の話し声が気になって集中できない
  • 通り過ぎる人が「ほのめかし」をしてくる
  • 音に敏感になってしまい不眠症に悩まされている

4- ノイズハラスメントに関するQ&A

Q

ノイズハラスメントの被害に遭っていますが、どのように対処すればよいですか?

A

ノイズハラスメントに遭った場合は、以下の対処方法があります。1) 被害を文書で記録し、証拠として保管する。
2) 近隣の人と対話し、問題を解決するための協力を求める。
3) 管轄の自治体や賃貸管理会社に相談し、適切な対策を取ってもらう。
4) 必要に応じて法的な手段を検討する。

Q

ノイズハラスメントの証拠を集めるにはどうすればよいですか?

A

証拠を集めるためには、ノイズが発生している日時や時間帯、具体的な騒音の内容などを記録しましょう。録音や録画をすることも有効ですが、法的な制約やプライバシーに配慮する必要があります。
また、近隣の人や他の被害者からの証言や共同の証拠も有効です。証拠を整理し、問題解決に役立てるためにも重要です。

Q

ノイズハラスメントの相談先はどこですか?

A

ノイズハラスメントの相談先としては、以下のような機関や組織があります。1) 管轄の自治体の環境・保健・福祉部門や住宅局など。
2) 賃貸物件の場合は、賃貸管理会社やオーナーへの相談。
3) 近隣トラブルの解決支援を行うNPOや地域の相談センター。
4) 必要に応じて弁護士や法律相談窓口なども利用できます。

5- ハラスメント関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談