ホーム > 騒音調査関連記事 > 騒音調査相談サポート > 騒音を警察に通報する方法とは?注意点も紹介
公開日: 2023/06/07 最終更新日: 2023/06/08
騒音調査関連記事 - 騒音調査相談サポート
 公開日: 2023/06/07 最終更新日: 2023/06/08

騒音を警察に通報する方法とは?注意点も紹介

騒音問題は生活に深刻な影響を与える可能性がありますが、警察に適切な通報や相談をすることで解決の糸口が見つかることもあります。

この記事では、騒音トラブルに関する情報と、警察への適切な対応方法について詳しく解説します。

また、被害届の提出や証拠集めに伴う探偵の活用など、問題解決に役立つ手段も紹介します。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年6月7日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

目次

騒音トラブルの現状と被害の種類について

騒音計

実際の騒音トラブルは、どんな内容なのでしょうか。

あらかじめ把握しておくことで、騒音トラブルに巻き込まれた際にいち早い対処が可能です。

また、騒音がもたらす生活への影響についても把握しておきましょう。

アパートやマンションでの騒音問題の特徴

騒音トラブルがよく起きるのが、部屋が隣接しているアパート・マンションなどの集合住宅です。

生活スタイルの違う他人同士が一枚の壁を隔てて生活しているため、少しの物音が騒音になることも。

基本的に自分の出す音は、他人にとって騒音になるという意識を持っておきましょう。

下記のような音が騒音と認識されます

  • 足音
  • 大きな話し声
  • テレビの音声
  • 歌声や楽器の音
  • ペットの鳴き声
  • 家具を引きずる音
  • スピーカーから流す音楽
  • 掃除機や洗濯機の稼働音

騒音による生活への影響と被害の種類

騒音の被害を受けた人は、生活に悪影響をきたす場合があります。

騒音によってもたらされる悪影響は下記になります。

  • 頭痛
  • めまい
  • 睡眠障害
  • ノイローゼ
  • 集中の散漫
  • 聴力障害(大きな騒音の場合)
  • 物的損害(瓦のずれ・壁のひび割れ・精密機械への影響)

このような実害が出た場合、騒音の発生源となる住民に損害賠償の請求が可能です。

騒音を警察に通報するには?

パトカー

騒音を止めさせる際に、警察への通報は大きな効力があります。

しかし、適切な手順を踏まないと求める対応を得られない可能性も。

警察に騒音を通報する際のポイントや注意点を解説します。

騒音トラブル時に110番通報をする際のポイント

基本的に、警察に通報する際には5W1Hを意識して内容を伝えましょう。

動機につながる「なぜ(Why)」は容疑者に聞くしかありませんので、それ以外の内容を伝えます。

下記の内容を警察に聞かれるので、事前に覚えておくとベストです。

  • 何がありましたか?(What)
  • →騒音被害があることを伝える

  • それはいつ起きましたか?(When)
  • 場所はどこですか?(Where)
  • →住所がベスト、わからない時は目印となる近くの建物など

  • どのような状況ですか?(How)
  • →どんな種類の騒音に悩まされているか伝える

  • 犯人は?(Who)
  • あなたのお名前は?(Who)

状況説明は警察の初動に関わるため、簡潔かつ的確な連絡を心がけましょう。

匿名通報や証拠の提出についての注意事項

警察への通報は、自分の氏名を伝えない匿名通報も可能です。

これはメリットもあればデメリットもある通報になります。

あらかじめ把握しておきましょう。

メリット
  • 捜査に協力する必要がない
  • 自分の個人情報を明かさずに通報できる
デメリット
  • 捜査の進展が報告されない
  • 通報した時点で送信元は解析できる

完全に匿名で通報したい場合は、公衆電話から通報するようにしましょう。

また、騒音の存在を示す証拠も提出すれば、自分に有利な捜査の進展が期待できます。

ですが、伝聞形式の証言は証拠になりません

騒音を録音した音声データなど、物的証拠として提出できるものにしましょう

警察とのコミュニケーションにおけるコツ

騒音について警察から事情聴取を受ける際に、話した内容は供述調書にまとめられます。

そしてその内容に誤りがなければ、署名と押印をします。

ですが、供述調書の内容は裁判でも使われるため、少しでも誤りがあれば証言の正当性に影響することも。

そのため、自分の供述に少しでも不安がある場合は安易に署名や押印をしないのがおすすめです。

騒音トラブルの解決法と対策

マンションの扉

騒音トラブルは、放置していても解決する可能性は低いです。

何かしらの働きかけをしない限りは、ずっと現状維持のまま。

騒音トラブルを解決するために必要な方法を把握しておきましょう。

騒音問題の解決を目指す具体的な方法と手段

騒音トラブルを解決するには、下記の方法が効果的です。

  • 自分で直接注意する
  • 大家や管理会社に注意してもらう
  • 警察に通報する
  • 近隣住民と共同で注意する
対応は人によりけりですが、直接注意しても騒音が収まらないと大家・管理会社に連絡する人が多いです。

しかし、直接注意せずにすぐ大家・管理会社に連絡することも十分できます。

また、深刻な騒音である場合には警察に通報することも効果的です。

他にも、同じく騒音に悩んでいる他の住民と共同で苦情を出すことで、緊急性を高めるのも有効でしょう。

騒音が受忍限度を超えているか調べる

騒音被害を法的に訴え出るためには、今起きている騒音が被害を与えるだけのものであると認められる必要があります。

そのための指標に、受忍限度というものがあります。

受忍限度

社会生活を営む上で、我慢するべき音量の限度

受忍限度は各自治体によって基準が異なっていますので、お住まいの地域の受忍限度は確認しましょう。

例えば、東京都練馬区の受忍限度は下記のように定められています。

東京都練馬区の受忍限度

6~22時:55~65db(デシベル)以下

22~6時:45~60db(デシベル)以下

お住まいの建物が道路に面していると、基本的に受忍限度は高くなります。

上記の受忍限度を超える音量が住居内で計測された場合、騒音と認定されます。

当探偵事務所では騒音の測定も行ないますので、お気軽にご相談ください

警察に通報する以外の解決方法と選択肢

クエスチョンマークを浮かべるスーツ姿の男性

警察に通報すれば、騒音対策の効果はかなり高いです。

しかし、騒音が解決した後のご近所付き合いに影響する可能性も。

警察に通報する以外の解決策についてご紹介していきます。

大家さんや管理会社への苦情報告の効果的な方法

警察への通報は大きな抑止力になりますが、地域一帯も巻き込んだ騒ぎになる可能性もあります。

そのため、大家・管理会社としては物件の中だけで決着をつけたいと思うことがほとんど。

物件内でのトラブルは入退居率にも影響しますので、大家・管理会社も積極的に対応してくれます。

個人間で解決できる範囲を超えそうだと思ったら、まず大家・管理会社に連絡するのがおすすめです。

周囲の協力を得るためのコミュニケーション術

自分一人で騒音源となる住人と対峙するのは、怖いと感じる人がいるでしょう。

そんな人は、同じように騒音に悩んでいるであろう近隣住民を味方につけることが必要です。

もし少しでも親交のある住人がいるなら、最近騒音を感じていないか聞いてみましょう。

全くご近所付き合いがない場合でも、すれ違った人に「最近騒音を感じませんか?」と声をかけると同調してくれる人を見つけられます

複数人で大家・管理会社に連絡すれば、事態の緊急性もアピール可能です。

探偵に証拠集めを依頼する

騒音被害があると認識してもらうには、受忍限度を超えているか調べる必要があります。

しかし、一般的な家庭に受忍限度を計測する機械はありませんし、専門的な分野になるため難しいでしょう。

騒音の証拠収集でお困りの場合は、当探偵事務所にご相談ください

専門知識を有した探偵が騒音の測定を行ない、解決に向けたお手伝いをさせていただきます。

全国24時間365日、無料でご相談を受け付けていますので、お気軽にご連絡ください

騒音トラブルの予防と気を付けるべきポイント

黄色い耳栓

騒音トラブルが起きないことが一番ですが、事前に予防することも十分可能です。

また、トラブルになったとしても法律の知識を身に着けておけば対処が容易になります。

騒音トラブルで気を付けるべきポイントを確認しておきましょう。

トラブルの発生を防ぐための対策と行動

騒音トラブルの発生を防ぐのに有効なのは、ご近所付き合いの構築です。

隣近所の住人の顔を把握しておけば、何かする時にも近隣住人に意識が向くため騒音になるような行動にためらいが生まれます。

もし騒音を出したとしても、文句も伝えやすいため解決は早いです。

また、それ以外にも床に防音マットや壁に防音シートを貼ることで、騒音を軽減できます。

自分でできる騒音対策はいくつもありますので、こうした方法をまず試してみるのも手です。

騒音問題に関する法律や条例の正しい知識の習得

騒音問題は法的に解決できますが、どのような法律で対処できるのか把握しておかないと有効な対策が打てません

騒音規制法という法律がありますが、これは工場や工事現場など法人が出す騒音に関する内容です。

個人の騒音は、各自治体の法律や軽犯罪法にて規制が設けられています。

特に軽犯罪法第1条14号では「公務員の制止をきかずに、人声、楽器、ラジオなどの音を異常に大きく出して静穏を害し近隣に迷惑をかけた」場合は拘留または過料に処されます。

公務員の静止とありますので、警察官などからの注意が必要になります。

このように法律や条例に関する知識を得ることで、適切な対処が可能です。

快適な共同生活を築くための注意点と実践方法

同じ集合住宅に住む人同士では、ライフスタイルの違いがトラブルの原因になります。

大事なのは、自分の生活も誰かにとっての騒音源になりかねないという認識。

自分が騒音を出してしまっては、立つ瀬がありません。

騒音の発生源にならないような過ごし方を意識して、加害者にならないようにしましょう。

そうすることで、いざとなった時の周囲からの協力も得やすいです。

足音を立てないためにマットを敷いたり、テレビの音量は小さくするなど心がけましょう。

まず、現状について相談することから始めましょう。

騒音調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談