騒音調査関連記事 - 騒音調査レポート

Noise report

ホーム > 騒音調査関連記事 > 騒音調査レポート > 隣人の騒音に悩まない!トラブルに巻き込まれたら
公開日: 2022/04/14
騒音調査関連記事 - 騒音調査レポート
 公開日: 2022/04/14

隣人の騒音に悩まない!トラブルに巻き込まれたら

騒音の取締まりは日常生活の音についてほとんどありません。
たとえば、飲食店や工事や工場などの事業に関する騒音であれば騒音元の業者に問い合わせをしたり行政対応にて早めに対処してもらうことが可能です。

しかし、日常生活の騒音は身近であるものの日常に潜む音はなかなか取り締まることができません。そのような状況でどのように改善していくか見ていきましょう。

専門家
隣人の騒音について
2022年4月14日
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「調査員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、ご家族や友人が電磁波被害でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次|巧妙化するストーカーの手口

騒音はわざとしている?

近所の騒音トラブルで注意するべき点

近所の騒音で悩んでいた場合、生活の騒音トラブルの解決は困難になります。

もし行政などに相談したとしても日常生活をする上での騒音に関して法律が整備されていません。自分以外に、わかるはずがない他人に相談しても、法律がないからどうにかできることはほとんどありません。

その場合、音が気になる人と音源元の所有者同士で話し合いとなります。そうなると、心ある近所の人がエアコンや太陽光発電の室外機のメーカーに問い合わせをして騒音レベルの測定を依頼して確認してくれることがあります。

しかし、メーカー調査による騒音レベルが昼間55db夜間45dbの基準を下回ってくることがよくあります。

あるいは、騒音源が子どもから発せられる足音や叫び声、奇声の繰り返しということも結構多いようです。

子どもから発せられる騒音は、過去に裁判事例があり罰金と精神的苦痛による慰謝料などを子どもがいる部屋の階下に住んでいた老夫妻が勝ち取っています。

他の騒音としては、毎晩夫婦喧嘩をする近所の場合には、警察の介入が必要になってくることがあります。

よくマンションなど集合住宅に住んでいる人は管理人や管理組合の相談窓口に解決してもらおうと連絡することがあります。

しかし、個人的な介入には管理人やデペロッパーが契約しているサービス会社などは必要最小限のことだけしかしません。

騒音源のお宅へ一度忠告して対応終了

忠告で解決するのであれば良いのですが、一回忠告しただけでは改善されない場合、また管理人等に連絡して忠告してもらいましょう。

何度か忠告して、改善が見られないようであれば嫌がらせか、騒音源に何か改善できない問題があると考えて良いでしょう。

その場合には、第三者の証拠というのが重要となってきます。

近所の騒音トラブルに第三者の証拠が効果的な理由

当事者や管理人に隣人の騒音について問い合わせてみても、結局解決してくれないということがよくあります。

そして、日常生活による騒音の場合、法律的な整備がなされていないことから、騒音について諦め、自分から引越しを選ぶことになってしまいます。

でも、騒音さえなければ今後もずっと住む予定だったのに、あるいは家の所有権は自分にあるため購入してしまった以上、これからも住む予定であればここから先を読んでいただきたいと思います。

騒音を証明する第三者

一見、これ以上の騒音解決は進行しないようでも、第三者機関を自分と騒音相手に入れることで突然解決していく可能性の方が確率として非常に高いのです。

これは調査力がないと騒音調査のみに特化した専門業者には非常に難しい分野です。騒音だけを調査していると本当の騒音の姿が見えてこないことがあります。

例えば、騒音が体感を伴うものであれば、超音波が音を通して身体に響くために苦痛を伴うことがあります。

この低周波を伴う騒音が、かなり不快で隣人に対してかなり嫌悪感を持つトラブルに発展することがあります。

低周波以外の別の周波数の発生が機体から発せられている可能性があるかもしれません。

音そのものだけの評価によらない不快振動が隣人騒音のトラブルとして人口密度が集中している日本の居住空間において、最近非常に多くなってきました。

また子ども関連の騒音、夫婦喧嘩の騒音、あるいは日常的であるけれども頻発する諸々の騒音も単体の活動と思っていると実は原因が違ったりすることがあります。

騒音以外の適切な周波数測定、振動調査、あるいはわざと騒音を起こしているかどうかを第三者の調査によってでしか判明しないことがあります。

故意に行なう騒音による迷惑行為

もしご自身が悩んでいる騒音問題は、「隣人が故意にやっている可能性」があって悩んでいるケースでは、測定だけでは解決しません。

その場合、騒音を出している隣人だけに意識を払うのではなく、他の身の回りのことについてもおかしなことがないか客観的に俯瞰してみましょう。

たとえば、隣人との関係は前からうまくいっておらず、会っても挨拶もしない関係が続いている方は、騒音以外にも嫌がらせをされているかもしれません。

具体的な相談事例
  • 気にしすぎと反論されて、「証明できる証拠を出せ」といわれて反論できなかった。
  • 外出時や帰宅時に限って気になる音が聞こえる。
  • こちらから注意しに行くと家の電気を意図的に消され話し合いができない。
  • 音で悩んでいることについて書面で送ったが一切回答がこない。
  • 近所の人に悪口を言っている姿を見かけてしまったが、わざとかもしれない。

通常あり得ないようなトラブルがさりげなく起きたり、身に覚えのない噂が広がっていた時は、放置せずに一度専門家に相談してみることをお勧めします。

騒音調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

騒音調査のご質問について

Q

騒音以外の嫌がらせに発展する可能性はありますか?

A

騒音問題から発展する嫌がらせは、異臭・悪臭のゴミ問題、風評被害などに発展しやすいです。生活騒音を規制する強力な法律はありませんが、悪質なケースであれば民事と刑事両方から責任を追及できます。我慢せず、騒音問題の内に解決を目指しましょう。

Q

騒音は犯罪ですか?

A

軽犯罪法違反、ひどい場合は傷害罪になります。騒音を何度も注意しても改善しない場合、騒音による体調不調を訴えるなどの被害が認められる時には、刑事上の罪に問われる可能性があります。

Q

騒音の証拠はとれますか?

A

「いやがらせによるものだ」とわかる情報を集めましょう。一度や二度の騒音は誰しも起こりえることなので、継続した記録が必要になります。継続性が認められれば、「悪質」と判断されやすくなります。

まず、現状について相談することから始めましょう。

騒音相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、騒音に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop