ホーム > 騒音調査関連記事 > 騒音調査レポート > 隣人のうるさい騒音への対処法は?賃貸暮らしトラブル解決情報
公開日: 2023/12/11 最終更新日: 2024/03/29
探偵ニュース騒音調査レポート
 公開日: 2023/12/11 最終更新日: 2024/03/29

隣人のうるさい騒音への対処法は?賃貸暮らしトラブル解決情報

日常生活で出る音は、騒音として取り締まられることはほとんどありません

飲食店や工事や工場などの事業に関する騒音であれば、騒音元の業者に問い合わせたり行政対応にて早めに対処してもらうことが可能です。

しかし、日常生活の騒音は身近であるものの日常に潜む音はなかなか取り締まることができません。

そのような状況でどのように改善していくか見ていきましょう

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年12月11日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

目次

近所の騒音トラブルで注意するべき点

カメラ付きインターホン

日常生活の騒音を取り締まる法律はない

近所の騒音で悩んでいた場合、生活の騒音トラブルの解決は困難になります。

もし行政などに相談したとしても日常生活をする上での騒音に関して法律が整備されていません

自分以外にわかるはずがない他人に相談しても、法律がないためどうにかできることはほとんどありません。

近隣住民は騒音トラブルに非協力的

住人同士の騒音トラブルは、基本的に音が気になる人と騒音源となっている人同士で話し合いが行なわれます。

そうなると、心ある近所の人がエアコンや太陽光発電の室外機のメーカーに問い合わせをして、騒音レベルの測定を依頼してくれることがあります。

しかし、メーカー調査では騒音レベルが「昼間55db・夜間45db」の基準を下回ることがよくあります。

あるいは、騒音源が子どもから発せられる足音や叫び声、奇声の繰り返しということも結構多いようです。

子どもから発せられる騒音は、過去に裁判の判例があり罰金と精神的苦痛による慰謝料などを子どもがいる部屋の階下に住んでいた老夫妻が勝ち取っています。

他の騒音としては、毎晩夫婦喧嘩をする近所の場合には警察の介入が必要になってくることがあります。

よくマンションなど集合住宅に住んでいる人は、管理人や管理組合の相談窓口に解決してもらおうと連絡することがあります。

しかし、個人的な介入には管理人やデペロッパーが契約しているサービス会社などは必要最小限のことだけしかしません

騒音源のお宅へ一度忠告して対応終了

忠告で解決するのであれば良いのですが、一回忠告しただけでは改善されない場合、また管理人等に連絡して忠告してもらいましょう。

何度か忠告して改善が見られないなら嫌がらせ目的か、騒音源に何か改善できない問題があると考えて良いでしょう。

その場合には、騒音を止めさせるために第三者の証拠というのが重要となってきます。

近所の騒音トラブルに第三者の証拠が効果的な理由

作業服を着た男性とスーツを着た男性

大家や管理人に隣人の騒音について問い合わせても、結局解決できないということがよくあります。

なぜなら両者とも騒音の専門家ではないため、隣人側に否定されてしまえば被害を深く掘り下げることができません。

そして、日常生活による騒音は法律が整備されていないことから、あきらめて自分から引越しを選ぶことも。

騒音さえなければ今後もずっと住む予定だった、あるいは家の所有権は自分にあるため購入してしまった以上これからも住む予定であれば、ここから先の内容をご参考ください。

騒音を証明する第三者

一見、これ以上の騒音解決は進行しないようでも、第三者機関を間に入れることで突然解決していく可能性は確率として非常に高いのです。

これは騒音調査のみに特化した専門業者では実現が難しいでしょう。

なぜなら、騒音だけを調査していると本当の騒音の姿が見えてこないことがあるためです。

例えば、騒音が振動など体感を伴うものであれば、超音波が音を通して身体に響くために苦痛を伴うことがあります。

この超音波を伴う騒音がかなり不快なため、隣人に対するトラブルに発展することがあります。

また、超音波以外にも低周波など別の周波数が機械から発せられ、それによる被害の可能性があるかもしれません。

音そのもの以外が原因の不快振動が、人口密度が集中している日本の居住空間において騒音トラブルとして最近非常に多くなってきました。

また子どもの騒音や夫婦喧嘩の騒音、あるいは生活音の範疇であるものの頻発する諸々の騒音も、実は意外な発生源に原因があったりすることがあります。

騒音が隣人ではない他の何らかの要因によるものか、あるいは隣人がわざと発生させているかどうかは第三者の調査でしか判明しないことがあります。

故意に発生させた騒音による迷惑行為

ドアから覗く男性

もしご自身が悩んでいる騒音問題で「隣人が故意にやっている可能性」がある場合、測定だけでは解決しません

その場合、騒音を出している隣人だけでなく、他にも周囲でおかしなことがないか客観的に俯瞰してみましょう。

たとえば、隣人とは会っても挨拶すらしない関係が続いている方は、騒音以外にも嫌がらせをされているかもしれません

具体的な相談事例

当探偵事務所に寄せられる近隣との騒音トラブルに関する相談事例を紹介します。

  • 外出時や帰宅時に限って気になる音が聞こえる。
  • 音で悩んでいることについて書面で送ったが一切回答がこない。
  • こちらから注意しに行くと家の電気を意図的に消され話し合いができない。
  • 近所の人に悪口を言っている姿を見かけてしまったがわざとかもしれない。
  • 気にしすぎと反論されて「証明できる証拠を出せ」といわれて反論できなかった。

通常あり得ないようなトラブルがさりげなく起きたり、身に覚えのない噂が広がっていた時は、放置せずに一度専門家に相談してみることをお勧めします。

騒音調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見えて困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので困ったときにはお気軽にご相談ください

流れ
無料相談

騒音調査のご質問について

Q

騒音以外の嫌がらせに発展する可能性はありますか?

A

騒音問題から発展する嫌がらせは、異臭・悪臭のゴミ問題、風評被害などに発展しやすいです。生活騒音を規制する強力な法律はありませんが、悪質なケースであれば民事と刑事両方から責任を追及できます。我慢せず、騒音問題の内に解決を目指しましょう。

Q

騒音は犯罪ですか?

A

軽犯罪法違反、ひどい場合は傷害罪になります。騒音を何度も注意しても改善しない場合や、騒音による体調不調を訴えるなどの被害が認められる時には、刑事上の罪に問われる可能性があります。

Q

騒音の証拠はとれますか?

A

「いやがらせによるものだ」とわかる情報を集めましょう。一度や二度の騒音は誰しも起こりえることなので、騒音が継続していると示せる記録が必要になります。継続性が認められれば、「悪質」と判断されやすくなります。

まず、現状について相談することから始めましょう。

騒音相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、騒音に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談