探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【ハラスメント用語】レイシャルハラスメント
公開日: 2021/09/17 最終更新日: 2021/09/21
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/09/17 最終更新日: 2021/09/21

【ハラスメント用語】レイシャルハラスメント

人種差別や人種にともなう誤解や思い込みにより、本人に不快な思いをさせることです。日本ではどんな場面でレイシャルハラスメントが出てくるのか見ていきましょう。

さらに詳しく知りたい

レイシャルハラスメントの具体例

現代でも根強く残る差別や誤解

人種による差別や誤解によって相手を不快な思いにさせてしまうことは、海外ではよく見られることでしょう。大きく分けると黒人や黄色人種などへのレイシャルハラスメントが有名です。

人種的な至上主義的問題が認識されているため、人種・国別差別を公言されることはありません。とはいえ、海外へ旅行すると何かをしているわけではないのに、八つ当たりや嫌がらせが多いと感じることもあるでしょう。

人種による差別は職場でもあります。言葉がわからないと理由から難しい案件が回さず、簡単な仕事しか与えない嫌がらせもあるかもしれません。あるいは、人種や国籍により業務分けや評価を行なうこともレイシャルハラスメントでしょう。

レイシャルハラスメントとは?

レイシャルハラスメントは日本でも顕著にある事象

人種差別は、日本ではなじみがないと思っているかもしれません。しかし、日本でも激しいレイシャルハラスメントがあったことをご存知でしょうか?たとえば、北海道や樺太のアイヌ・ウィルタ・ニブフなどの少数民族、鹿児島県奄美群島や沖縄県に点在していた旧琉球王国領域の少数民族が該当します。

縄文時代からの血統と言われ先住民族とされている少数民族ですが、本島とされている人たちから一昔前には、冷遇や類まれな差別が古くからあったことは記憶にまだ新しいでしょう。また歴史的には近世封建社会で市民制度の士農工商の下に、穢多非人(えたひにん)が近年まで存在しており最近まで差別されていました。

在日や朝鮮系日本人(歴史が今後明白になれば、認識も異なってくるでしょう)、あるいはハーフなどもレイシャルハラスメントの対象となります。日本では外国人労働者を簿給で待遇するレイシャルハラスメントしている顕著な傾向が日本にはあります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop