探偵wiki - 探偵用語

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【嫌がらせ用語集】自分で出来る嫌がらせの「証拠収集」
公開日: 2022/03/26
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2022/03/26

【嫌がらせ用語集】自分で出来る嫌がらせの「証拠収集」

嫌がらせ被害に遭われている方は精神的なダメージも大きく日常生活に支障をきたしている方もいらっしゃると思います。警察に被害届を出すにしても、民事訴訟で訴えるにしても嫌がらせ被害(迷惑行為)を証明することが必要となります。

自分で集めた証拠が、どのような効果があるか判断が難しい場合は、今ある証拠でまずは「警察」に相談してみましょう。そのためには、「いつ」「どこで」「だれが」「何をしたか」がわかるように、撮影機材とICレコーダー(携帯アプリ可)は所持しておきましょう。

さらに詳しく知りたい

専門家
自分で出来る嫌がらせの「証拠収集」について
2022年3月26日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では「嫌がらせ」に関するさまざまな用語を掲載しています。ストーカー・嫌がらせ対策のスタッフが体験して得た情報も公開しているので、嫌がらせでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

嫌がらせの内容

嫌がらせ 種類

嫌がらせの種類にはどんな種類があるのか、例を見ていきましょう。

一口に嫌がらせと言っても、多種多様な手段の嫌がらせが存在します。暴力を伴う嫌がらせ、違法電波を使った嫌がらせ、近隣住民による嫌がらせ、インターネットやSNSなどを使った嫌がらせなど、決して許されない嫌がらせ行為が数多く存在します。

被害内容別の嫌がらせ行為

受けている嫌がらせを知ることで、解決への第一歩となります。

  • つまとわれている、後を尾けられる
  • ストーカー・集団ストーカー、アンカリング

  • 耳鳴り、聴覚の低下、めまい、頭痛
  • 騒音・異臭悪臭

  • インターネットでの風評被害
  • 個人情報漏えい、盗聴、盗撮

  • 自宅や周辺での異臭、ゴミの不法投棄
  • 近隣住人の嫌がらせ、追い出し

自分でできる証拠収集

自分でできる証拠集め
  • 職場でのパワハラや風評被害、嫌がらせに遭っている方
  • 職場でのパワハラや風評被害を受けている方は、ICレコーダー等で音声を録音する事が最も有効です。ICレコーダーは小型の物が多く、ご自身のカバンやポケット、職場内に隠す事も出来るため効果的で簡単に記録を残すことができます。又、具体的に「いつ」「どこで」「だれが」「何を言ったか」メモに残しておくようにしましょう。

  • 自宅の敷地内にごみを捨てられる、ポストに投函される、車、自転車にいたずら被害に遭われている方
  • 自宅敷地内、ご自身の所有物に対しての嫌がらせに関しては犯行を行っている動画、画像を証拠として記録に残すことが重要です。自宅屋外に防犯カメラを設置することが一般的で有効な対策と言えます。防犯カメラは安いものだと一万円程で買えるためすぐに設置する事をお勧めします。

    防犯カメラを設置したことにより犯人が逆上し、嫌がらせがエスカレートするリスクもあるため、なるべく目につくような場所には設置しないようにしましょう。

嫌がらせに関連するQ&A

Q

車に見覚えのない傷がついている事があります。家から少し離れている所に車を停めているのでどうしたらいいでしょうか?

A

駐車場の管理会社に相談してみましょうまずは駐車場の管理会社に相談して被害状況を話して防犯カメラを設置してもらうか、自分で設置させてもらいましょう。また、最新のドライブレコーダーは駐車していても録画機能がついている物もあるのでそういった機材を使うのも有効的です。

Q

つきまとい被害に遭っています。どうやって証拠を残したらいいでしょうか?

A

まずは専門家に相談しましょうつきまとい被害に遭われている方はまず専門家に相談しましょう。つきまとい被害は、自分で証拠を残そうとした行動が裏目に出てしまい、つきまといがエスカレートするケースもあるため、まずは被害状況を専門家に話して一緒に対策を考えましょう。

Q

嫌がらせをした相手に内容証明郵便を送りたいのですが、住所がわかりません。

A

住所特定の為の調査が可能です。まず、嫌がらせをされている証拠収集を行った後、加害者を監視することで住所の割り出しを行います。殆どの場合、証拠を集めなければ加害者の実態が分からないため、以上の順番は決まっているようなものです。容疑がかかっている状態の人物を嫌がらせの加害者と先に決め、内容証明便を出しても、逆に訴えられる可能性もあるため、証拠収集をすることが先決ということなのです。

Q

証明が難しい内容でもご相談はできますか?

A

勿論可能です。あらゆる嫌がらせのケースに対応しています。「今までずっと我慢してきたけどもう限界」「異常な事をする加害者が許せない」と思いつつも「お金をかけて解決することが本当にできるのだろうか?」と考える相談者は多くいらっしゃいます。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では数多くの嫌がらせ解決の依頼と実績を持ちます。あらゆる嫌がらせのケースに対応し、経験豊富な相談員が最適な調査プランをご用意いたします。

嫌がらせ証拠の関連ページ

ご自身で出来る証拠の押さえ方を説明いたしましたが、嫌がらせの被害状況や度合いによって対策が変わるため、まずは専門家である我々に一度ご相談ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop