探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 近隣トラブルについて知っておきたい5つの事
公開日: 2020/01/07 最終更新日: 2021/07/12
探偵ニュース
 公開日: 2020/01/07 最終更新日: 2021/07/12

近隣トラブルについて知っておきたい5つの事

日常生活を送る上で、隣人(ご近所)とトラブルが生じてしまうこともあるでしょう。かなりの悪意を持っている人以外は、ことを荒立てて大きくしたいなどとは考えないでしょう。しかし、現実は違います。近年、隣人(ご近所)トラブルの相談数は急増しています。このページでは、「隣人(ご近所)とのトラブル」をテーマにして、隣人(ご近所)トラブルの具体的な解決方法、対処方法などをご紹介していきます。

近隣(ご近所)トラブル相談窓口

隣人(ご近所)トラブル対策は「早期相談」を

隣人(ご近所)トラブル対策をお考えの方へ

探偵事務所にみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?相談したいけど、それだけでお金をとられるのではないか…なーんて考える人も多いのではないでしょうか?探偵事務所へは相談だけでもいいのです。必ずしも調査の依頼までする必要はありません。ご相談者の状況にもよりますが、トラブルが悪化している場合、悪化する危険があるとこちらが判断した場合は調査の依頼をした方がよいケースもあります。ですが、トラブルになる可能性がある、ということでしたら相談だけでもいいのです。相談することで、トラブルを未然に防げるかもしれません。

隣人(ご近所)トラブルによっては、たとえ早めに相談したとしても、トラブルに遭遇してしまうこともあるでしょう。たとえトラブル自体は避けられないとしても、あらかじめトラブルに備えて相談し、解決法を実践することで心にも余裕ができ、結果として被害を最小限にすることができます。

隣人(ご近所)トラブルはさまざまな問題を引き起こします

  • 嫌がらせに協力する人物が増える
  • 結婚相手を実家に呼べない・呼びたくない
  • 個人情報や悪い噂が拡散されている
  • 親戚にまで悪影響が及んだ
  • イメージ信用の低下
  • 子供がいじめにあっている
  • インターネットによる風評被害の加速、拡散
  • 騒音や嫌がらせによる健康被害の悪化

少しの勇気が必要です

悪口はSNSだったり掲示板だったり目に見えない世界から浸透していきます。最近の嫌がらせは、ネットでの風評被害や地域の回覧板、職場の中の趣味、宗教の有無から使える物はなんでも使って、特定の人物を「孤立」に追いやるまで続きます。そのきっかけは些細なことが多く、「思い込み」で済まされないことだらけです。泣き寝入りする前に、少しの勇気を出して見ませんか?その勇気は調査に費やした時間や費用以上に大きな成果を出す力となるのです。

隣人(ご近所)トラブルについて

探偵が行なう隣人(ご近所)トラブル調査とは

主に「隣人(ご近所)トラブル」とは、自宅の近所の住民や、同じマンションやアパートの住人によって、自分の日常生活に支障が出たり、不快感を感じさせられたりする状態です。

「隣人(ご近所)トラブル」の内容は、アパートの隣人とのトラブル、隣近所かは分からないけれど決まった時間に音がする、ご近所とトラブルになった後ゴミを家の前に捨てる、ご近所によるのぞき等の問題や、敷地内に勝手に入ってくる、防犯カメラを壊された、子供が仲間外れにされたなどのさまざまな被害の証拠を取得するための「調査」になります。

  • トラブルはいつから、何が原因で起きたのか
  • トラブルに関係する人物の整理
  • トラブルによって被っている被害の把握
  • トラブルをどのように解決したいのか

隣人(ご近所)トラブルで探偵事務所を探すならストーカー・嫌がらせ対策専門窓口にご相談ください。トラブルが起きたら冷静に対処し、どう解決すればよいかを考えること、そして専門家に相談することをおすすめします。トラブルの当事者は、自分に都合のよい判断をしてしまうことがあり、客観的な判断をしてくれる第三者の意見が必要なケースもあります。

隣人(ご近所)トラブルによる精神的な影響

隣人(ご近所)トラブルによる精神的被害は相当大きいと考えられます。被害者は「今日も出勤時に会うかもしれない」「騒音が気になって眠れない」「盗聴されているかもしれない」といった不安が、常に頭から離れなくなります。

隣人(ご近所)トラブルが長期的に続くと、睡眠障害など、さまざまな症状が被害者を長期的に苦しめるケースがあるのです。自己中心的な嫌がらせ行為者が原因で、病気になるのは耐えられません。迷惑行為者に対して自己判断は危険性を伴いますので、一人で問題を解決しようとせず、専門家や公的機関などに早めに相談することが大切です。

ご近所トラブルへの対処のよくある間違い

ご近所トラブルに悩む人のために、正しい対処法をお伝えします。ご近所トラブルに対してどうしたらいいかわからない人は是非参考にしてみてください。

相手の情報を十分に得ること

あなたに嫌がらせをしてくる人に、不安感や恐怖心を抱く必要があるでしょうか?恐がってばかりでは、嫌がらせをやめさせることはできません。相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」を、ある程度は予測することができます。そうすれば、漠然とした不安や恐怖をぬぐうこともできるでしょう。

感情的に反応しない

嫌がらせをされたとき、感情的に反応するのは逆効果です。嫌がらせをしてくる人は、あなたが感情的になれば、それを口実にして嫌がらせをエスカレートする可能性が高くなるからです。嫌がらせをする人の頭の中は、何があっても「自分は正しくてあなたが悪い」という”信念”が根ざしているので、感情的になるのはむしろ相手の思うつぼです。嫌がらせをされても、できるだけ冷静さを保つようにしましょう。

第三者による介入に注意する

嫌がらせされていることを誰かに相談した場合、その人が嫌がらせをやめさせようとして、加害者に接触を試みるようなことがあるかもしれません。しかし、第三者の介入はできるだけ避けるようにしてください。安易な介入はかえって嫌がらせの加害者を怒らせ「直接的な被害者がさらに増える」「嫌がらせ行為がエスカレートする」恐れがあるからです。

相談するのは悪いことではありませんが、自己判断は危険を伴います。事態を悪くする前に、専門家や公的機関などを訪れ、対処法などを早めに相談するようにしましょう。

近隣トラブルから事件に発展してしまった事例

【騒音トラブル】バーベキューの騒音にキレて包丁で刺し殺す 懲役は15年

バーベキューが凄惨な殺人に発展したのが、2017年5月に岐阜県瑞浪市で発生していた事件だ。32歳の男性が自身がコーチを務める少年野球チームの部員や父兄などを招き、バーベキューを楽しんでいたところ、突如隣人の男(26)が包丁を持って現れる。男は32歳の男性の腹部を刺し殺害。さらに、取り押さえようとした42歳の男性の腕をも切りつける。結局、参加していた2人の男性によって取り押さえられ、駆けつけた警察官に現行犯逮捕された。その後の調べで、犯人の男が被害者の男性宅について、1年ほど前から「うるさい」と警察に相談していたことが判明。前々から抱えていた騒音に対する不満がバーベキューで爆発し、殺人事件に発展してしまったようだ。

引用元:livedoorNEWS

【因縁トラブル】凶悪事件に発展も…ご近所トラブルに潜む恐怖

大阪府豊中市の住宅街で今月、女性(47)が金づちを持った男に自宅前で襲われた。女性は頭を複数回殴られ、意識不明の重体に。現場には血だまりができ、周囲は一時騒然となった。大阪府警は殺人未遂容疑で、女性宅の隣に住む無職の男(31)を現行犯逮捕。以前から女性は、男から因縁を付けられていたことを警察に相談していたという。誰しも身近に起こりうる近隣トラブルだが、凶悪事件に発展するケースも珍しくない。

引用元:産経新聞ニュース

【騒音トラブル】アパート隣人を殺した疑い、男を逮捕「騒音でトラブル」

1月6日午前2時20分ごろ、岐阜県大垣市八島町のアパートから「人を刺してしまった」と110番通報があった。大垣署員が駆けつけると、アパートに住む会社員(55)が自室で死亡していた。署は同日、通報者の隣の部屋に住む無職(31)を殺人容疑で現行犯逮捕し、発表した。「騒音をめぐるトラブルがあった」などと容疑を認めているという。

引用元:朝日新聞デジタル

些細な事からトラブルになり事件に発展したケースやトラブルを警察などに相談しても対応してもらえず事件に発展してしまったケース、一方的に因縁をつけられ事件に発展したケースなどさまざまな事例があります。トラブルは自分と相手がいなければ起きない問題です。相手に要求する場合、相手から要求された場合など状況に応じた対応が重要であると言えます。その様な状況の方は専門家への相談をお勧め致します。

近隣トラブルに関連するQ&A

Q

子供が喧嘩をしてしまい親同士でトラブルに発展してしまいました。どの様に対処したらいいでしょうか?

A

状況を詳しく教えて下さいトラブルに発展した経緯や分かる範囲で相手の性格や風評を教えて下さい。この様なケースですと謝罪をして解決するケースが多数ですが、そうも行かないケースがあります。相手がどの様な人間なのかを判断して対応する必要があると思います。また第三者を交えて話をするというのも有効かと思われます。

Q

隣人が精神病かもしれない

A

嫌がらせの内容によりますそういう方への対応は、市役所で福祉課に相談しに行く事も出来ます。ちなみに精神病患者を措置入院させれるのは親族だけです。身の危険を感じる場合には、警察や第三者機関に相談し感情的に反応しないようにすることです。

Q

近隣とのトラブルで警察は動いてくれる?

A

事件性が無いと判断されたら警察は動いてはくれません事件性が無い場合、警察は民間人のトラブルに首をつっこむことはありません。警察は犯罪の予防では動かないため、犯罪行為の証拠が有れば直ぐに動いてくれます。隣人(ご近所)トラブルの対処法には、警察に相談(♯9110に電話)、弁護士に相談、探偵に相談、自分で直談判などさまざまな方法があります。

Q

どのタイミングで嫌がらせ対策相談をしたらいいですか?

A

近隣トラブル対策のご相談は、早ければ早い方が良いと考えます探偵に依頼すると犯人にばれるのではないか、と心配される方もいますが、自分で解決しようとして方法を誤り、相手を逆上させてエスカレートさせてしまう危険性の方が高いです。相手の行動が激化して事態が深刻化する前にご相談されることが、解決への近道です。ご自身での対応に限界を感じている方は、被害を最小限に抑えるためにも、お早めにご相談ください。

Q

調査にかかる料金は事前にわかりますか?

A

はい、わかりますストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、調査契約書によって調査料金を明示する他、ご予算に合わせた調査料金プランで、調査サービスを実施しています。また、料金に関しては「コミコミプラン」を採用しており、調査後の実費経費など心配することがありません。料金はこちら

嫌がらせ対策専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、ご依頼者をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目でご依頼者の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行なう調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop