ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーの行動パターンを見抜く│自己防衛のための知識
公開日: 2024/03/24 最終更新日: 2024/03/11
ストーカー関連記事
 公開日: 2024/03/24 最終更新日: 2024/03/11

ストーカーの行動パターンを見抜く│自己防衛のための知識

ストーカー行動パターン

ストーカー被害に悩んでいても、解決策が分からず、ただ我慢するしかないという状況の方も多くいます。

ストーキングは深刻な問題であり、被害者にとって身体的・精神的な影響が大きいものです。

本記事では、ストーカーの行動パターンを理解し早期に見抜くことで自己防衛を図るための情報や撃退方法をご紹介しています。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2024年3月24日

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

目次

1-ストーカーの行動パターンを見抜く

ストーカー行為とは、自分の歪んだ執着心を一方的に満たす目的で、あなたやあなたの家族等に、つきまとい等を繰り返す行為をいいます。

ストーカー行為の始まりは予期できるものではなく、被害者にとって、その判別も難しいと言われています。

ストーカーの取る5つの行動パターン

ストーカー行為とは何を示すのか、具体的にどこから該当するのか、迷うことなく対策を打ち出せるように、以下にストーカーの行動パターンと被害事例を挙げます。

つきまといや待ち伏せ行為

職場から自宅までほぼ毎日尾行され、帰宅後、物陰に隠れずっと見張られている。

大量のメールや電話してくる行為

拒否しているにも関わらず日に数十件ものメールを送り付け、無言電話もかけてくる。

監視していると告げる行為

帰宅すると同時に「おかえり」など、常時行動を監視していることを示唆する言葉をメールや電話で告げる行為。

手紙や贈り物を送り付ける行為

拒否しているのにも関わらず一方的な想いを綴った手紙や贈り物を送るのを止めてくれない。

会うことを強要してくる行為

拒否しているにも関わらず面会や復縁、交際を執拗に求められ続けている。

脅迫や暴言で名を傷つける行為

脅迫するような言葉、名誉を傷つけるような内容を告げたり、ネットに書き込まれている。

 

これ以外にもストーカー行為には嫌がらせのように相手に不安や不快を与える言動が含まれます。

しかし、ストーカー行為に該当するのか、罪に問えるのかは専門家に相談して確かめる必要があります。

ストーカー行為の目的や原因

相手がなぜ、このような不正行為をしてくるのか、何が目的なのか、客観的に考えてみることも大切です。

ほとんどのケースは恋愛感情や行為が満たされないことへの、一方的な逆恨み行為にすぎません。

しかし、稀に加害者を誤解させるような言動を取っていた、第三者が絡んでいるなど、何らかの原因があり、それを究明することで早期解決につながったケースもあります。

2-ストーカー被害を回避する方法

着信とフードの男

自分は今ストーカー被害に遭っているのだ、と自覚するまでに時間がかかる人も少なくないそうです。

理由として挙げられるのは、事前にあった前兆に気がつかないことが最多だといいます。

いち早くストーカの前兆に気がついて、行動を起こすことが早期解決の鍵になります。

ストーカーの前兆を見抜く

何事であっても必ず前触れというものが存在します。

ストーカー被害に遭ってしまった方のお声から、次のような前兆を3つ挙げました。

もし恋人や友人、あるいは身近な人に該当者がいたら注意してみる必要があります。

LINEを既読無視すると怒る
メッセージを既読にして返信しないままにしていると、返信があるまで必要以上にLINEを送り続けて来る

 

他の異性の話をすると急に機嫌が悪くなる
何気なく他の男性のことを話題にしただけなのに、急に無口になり機嫌が悪くなってしまった

 

極端に一方的や独りよがりな一面がある
極端に相手の意思を無視した自分本位な言動が多い、一方的な想いを伝えてきたり、独りよがりな思い込みをされたりする

 

全てが当てはまるわけではなりませんが、前触れとして参考にしてみてください。

ストーカーの気質を見抜く

次はストーカーになる可能性があるかもしれない、ストーカー気質な人の特徴を紹介します。

3個以上当てはまったら警戒が必要かもしれません。

  • 恋愛経験が少ない
  • LINEの返信がやたら早い
  • 自己肯定感が低く承認欲求が強い
  • 幼少期に愛情不足で育った
  • 極端に疑い深く嫉妬心が強い
  • 同性の友達がほとんどいない
  • 何事も自分に都合が良いように解釈をする
  • 自分の意見と逆のことを言うと逆上しやすい
  • 高価な贈り物をしてくる

ストーカー気質のある人に、男女トラブルはつきもののようです。

別れた後も執着心が強く、未練が残って「ストーカー化」してしまう傾向があります。

相手に執着するのは、自己肯定感を求め、自分の価値を他者に依存してしまうせいでしょう。

3-ストーカー行為を放置するとどうなる?

ナイフを向ける

ストーカー気質の人に対して、距離を取るなど、何らかの自己防衛意識を持たなければ、自分が被害者になってもおかしくありません。

自分でできるストーカー対策方法

もしかしてストーカーかな…と不安に感じたら、まずは一度落ち着いて、相手の取った前兆や行動パターンを整理し、それに適応した自己防衛を講じることが重要です。

  • 加害者の行動パターンを時系列でまとめる
  • ストーカー行為が分かるLINEや着信履歴などは保存しておく
  • 被害に遭った状況・日時・内容をメモに残しておく
  • 音声や写真など被害の証拠になるものを残しておく
  • 警察に相談する

ストーカーへのNG行動

以下は、ストーカーの行動パターンを見抜いて分析したNG行為です。

自己防衛策として逆効果になりかねないので、絶対に避けるようにしましょう。

曖昧な態度を取る
曖昧な態度は絶対ダメです。相手の気持ちに寄り添うという親切心は捨て、あなたには気持ちがないという一貫した態度を示すことを徹底します。

 

2人きりで会って話す
ストーカーする人は話して分かる相手ではありません。間違っても二人きりで話し合う場を設けたりしないでください。相手が逆上して危険に晒される可能性が大きいです。

 

相手を刺激するような行動
自分を諦めてもらいたいがために、あえて他の男と一緒にいる姿を見せつけたりするのは、逆効果です。ストーカーを逆上させてより危険な状態に陥ってしまう恐れがあります。

 

恐怖で冷静さを失う
ストーカは自己承認欲求や支配欲が強いので、怯える姿を見せるのは相手の思う壺です。

 

誰にも相談しないで放置
放置すれば、ストーカー行為がさらにエスカレートする可能性が高くなります。結果的に精神的にボロボロになったり、自分だけでなく、家族まで危険に晒される恐れも十分あります。

4-ストーカー被害事例と解決策

怪しい男

実際に当事務所が調査したストーカー被害事例をご紹介します。(ご依頼者ご本人ご了承の上掲載しています。)

被害の事実を明らかにしたい

依頼人
依頼人

何度か食事した男性に交際を申し込まれましたが断ったことから、ストーカー行為が始まりました。

教えていないのに、なぜか私の所在を知っているようで、目的地に到着する度に「おかえり」とか「仕事頑張って」と頻繁にメールが来ました。

しばらくは無視を続けたのですが、それがよくなかったのでしょうか。

調査担当者
調査担当者

精神的な苦痛を受けているのなら、早期の対策が必要になります。

一概には言えませんが、無視されたことでストーカー行為を止める可能性は極めて低く、逆上したり、エスカレートするパターンが大半です。

その後警察には相談されたきっかけは何だったんですか?

依頼人
依頼人

夜遅く帰宅中に「今後ろ歩いてるよ」とメッセージが来たときは、身の危険を感じて警察に相談しました。

しかし、実際に危害を加えられてはいないので、すぐには対応してもらえないようでした。

調査担当者
調査担当者

そのような経緯で当事務所に相談されたんですね。

ストーカー規制法により、相手に精神的苦痛を与えるつきまといは不法行為に該当します。

しかし、実際に警察が動くかどうかは、被害に遭っている事実を示す証拠次第です。

これは弁護士も同様です。

このプロセスを踏まなければ、罪のない人への冤罪が起きてしまう可能性があります。

依頼人
依頼人

相談してからは、調査員の方に適切な対策法をご提案頂き、落ち着いて行動できました。

ストーカーを刺激せず事態を収束してもらえたことに感謝しています。

調査担当者
調査担当者

ご安心頂けて本当によかったです。

ストーカーは感情の赴くままに動いているように見えて無計画というわけではなく、証拠を残さないように狡猾に行なう者もいます。

被害の状況を写真や動画などを用いて詳細に記録し、訴えを出すタイミングに備えておきましょう。

自力では証拠が掴めないという方は、専門家のストーカー調査でより確実な証拠を入手することをお勧めします。

ストーカー調査の必要性

探偵は尾行・張り込みによって調査を行なうため、もし同じ場所で被害を受け続けるなら探偵が張り込んで被害を受ける瞬間を押さえます。

被害の発生地点が定まっていない場合は、ご依頼者を探偵が尾行して被害を記録します。

このようにして掴んだ手がかりを基にして、警察への通報も可能になります。

5-ストーカーのお悩み相談窓口

早期解決に向けて全力でサポートいたします

ストーカー行為は被害者にとって深刻な問題であり、早急に適切な対策が必要です。

ただストーカーに悩んでいても、一人ではなす術がなく我慢するしかないという状況の方も多くいます。

ストーカー行為に該当するのか証拠は何を揃えるべきなのかについてもアドバイスいたします。

探偵にご依頼いただければ、気分を害する嫌がらせ被害の解決に向けて尽力させていただきます。

探偵の報告書は、もし裁判になっても裁判での証拠能力が認められるものです。

事件の解決まで探偵は徹底サポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談