ホーム > 騒音調査関連記事 > 騒音相談サポート > うるさい隣人を黙らせる方法とは?一軒家・賃貸それぞれの対策を紹介
公開日: 2023/12/26 最終更新日: 2024/04/17
騒音調査関連記事 - 騒音相談サポート
 公開日: 2023/12/26 最終更新日: 2024/04/17

うるさい隣人を黙らせる方法とは?一軒家・賃貸それぞれの対策を紹介

一軒家や賃貸を問わず、必ずあるのは「隣人」の存在です。

一枚壁を隔てた賃貸だけでなく、距離の離れた一軒家同士であっても隣人の生活習慣は大きな影響をもたらします。

中でも騒音はもっとも頻発する隣人トラブルで、一度だけの対応では解決しないことも多いです。

問題が長引く場合、時には自分自身で騒音に対処することを考える方もいるでしょう。

もし自分で隣人の騒音を止めさせたい場合、どんなことをすればいいのでしょうか。

この記事ではうるさい隣人を黙らせる方法や、それでも騒音が止まない場合の対処法をお伝えします。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年12月26日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

目次

1-アパート・マンションでうるさい隣人を黙らせる方法は?

夜のマンション

アパート・マンションといった集合住宅では、隣人と壁一枚だけの距離で生活しているため、騒音被害が生まれやすい環境といえます。

また、1階・最上階・角部屋以外なら両隣と天井・床の四方を囲まれるため騒音リスクも増大するでしょう。

文字通り騒音と隣り合わせな集合住宅での騒音を止める方法をお伝えします。

騒音被害を掲示板で訴える

集合住宅によくある掲示板は、同じ物件に住む住人すべてに関わる情報が記載される場所です。

その掲示板に騒音被害を訴えるチラシを掲示すれば、間接的に騒音当事者に「騒音を止めてほしい」というメッセージを伝えられます

これは騒音当事者だけでなく、まったく無関係な住人にも騒音を出さない意識づけをさせて、住宅全体の騒音解消にもつながる可能性があります。

ただし、騒音当事者を名指しする内容があれば、名誉毀損で訴えられる可能性があるため注意が必要です。

また、そもそも勝手に掲示板へのチラシ掲載が許可されていないこともあるため、チラシがはがされる可能性も十分にあります。

そして記載は自由ですが、個人名を書いてしまうと騒音当事者から逆恨みを買う可能性もありますので注意しましょう。

苦情の手紙を相手宅のポストに入れる

騒音の発生源がどの部屋なのか明らかな場合、その部屋に直接騒音を止めさせるメッセージを書いた手紙を入れることも有効です。

これは相手にとっては名指しで指摘されたも同然なので、騒音を止める対策をせざるを得なくなるでしょう。

また、口頭で注意するよりも冷静に問題点を指摘できるため、適切に改善の要求が可能です。

手紙を書く際には丁寧な文章を書くように心がけ、余計なトラブルを生まない工夫を心がけましょう。

もし相手の早急な対応を求めるなら、「改善がない場合は管理会社に報告する」などより重大な事態への発展を匂わせる文言を混ぜるのもおすすめです。

管理会社・大家に相談する

騒音当事者とのやり取りを避けたい場合は、すぐに管理会社・大家に騒音被害を相談しましょう。

もし相談を入れた場合、管理会社・大家が作ったチラシが掲示板に貼られたり、直接注意してくれるなどの対応が期待できます。

いずれも、個人で行なうよりも大きな効果が見込めるでしょう。

相談を入れる場合には、騒音に関する下記のような詳細な情報を伝えましょう。

  • どこの部屋から聞こえるか
  • どのような音が聞こえるのか
  • 聞こえたのはいつか(日付や周期)
  • いつごろ発生しどれくらいの期間悩まされているのか

より詳しい情報を管理会社・大家が把握することで、騒音当事者に具体的な指摘が可能となります。

ただし、相談時にはどうしても自分の氏名や入居する部屋番号は伝えなければいけません

しかし当事者に注意する際、相手に自分の個人情報が明かされることはないのでご安心ください。

警察に相談する

騒音を出す行為は軽犯罪法違反になる上に、身体に悪影響が出た場合は傷害罪にも該当するものです。

刑法に反する行為が見られるため、騒音に関して警察に相談するのも有効な対策となります。

警察に相談する場合も、騒音がいつどこから発生し、どれくらい継続しているのかといった詳しい説明が必要です。

ただし、警察も日々数多くの通報が寄せられる上に、より重大な事件への対応も求められます。

そのため、比較的軽微な騒音問題で警察が動くケースは少ないと言わざるを得ません。

もし警察を動かすなら、騒音問題の存在が明らかとなる証拠を準備する必要があります。

2-一軒家でうるさい隣人を黙らせる方法は?

田舎の住宅街

一軒家は、集合住宅と比べて隣人との距離は開いていますが、それでも騒音は発生します。

集合住宅は同じ建物の住人が共通して相談できる管理会社・大家という存在がありますが、一軒家の住民はどこに相談すればいいでしょうか。

一軒家に住む人ができる騒音対策を解説します。

町内会・自治会に相談する

一軒家に住む人は、町内会や自治会といった同じ地域に住む人同士のコミュニティに入ります。

もし地域社会での生活で悩みごとがあれば、町内会・自治会の会長に相談してみましょう。

これは騒音の場合でも同様で、特定の住民による騒音被害が見られたら、会長が直接注意してくれることが期待できます。

もし町内会・自治会といった立場からの注意であれば、自分の騒音が地域全体に悪影響を与えていると思わせることが可能です。

立場のある人からの注意は、それほどまでに有効であると覚えておきましょう。

民生委員に相談する

民生委員とは、厚生労働大臣によって任命された非常勤の公務員のことです。

地域住民の方が実質的なボランティアとして働くことで成立している制度になります。

各地域における社会福祉増進のために尽力しており、特に騒音当事者が年配の方である場合は効果が見込めます

民生委員に相談したい場合は、お住まいの市町村の役所に連絡してみましょう。

警察に相談する

一軒家同士の騒音トラブルでは仲裁に入る義務のある存在がいないため、警察が出動する可能性も高くなるでしょう。

しかし、それでも緊急性・重大性の高い事件の方が優先されるため、ただ単に通報しただけでは適切な対処は望めないでしょう。

やはり警察に相談する前に、被害の存在を立証する証拠を確保すべきです。

3-住む場所を問わない騒音対策

2組の耳栓

一軒家・集合住宅それぞれで取れる対策は異なりますが、共通で取れる対策も存在します。

どこでもできる騒音対策を覚えて、有効活用しましょう。

防音グッズを使用する

防音・消音用として売り出される商品を利用することで、騒音に関する被害を軽減することも可能です。

簡単に使えるものから設置に大がかりな手間がかかるものもありますが、目的に合わせて使い分けましょう。

役に立つ防音グッズ

  • 耳栓
  • 防音カーテン
  • 壁に設置する防音材・吸音材
  • 窓のすき間に貼るすき間テープ
  • 床に設置する防音マット・シート

しかし、どれも騒音の根本に対処するものではないため、騒音が自然に止むのを待つ一方になります。

防音工事を行なう

もしお金に余裕があるなら、家に防音工事を施すことも有効でしょう。

一軒家だけでなく、賃貸物件でも許可が得られたら原状回復の手間はかかりますが、防音工事が可能です。

外からの騒音だけでなく、自宅から出る騒音も防げるので自分自身が騒音の発生源になることも防げます

ただ、この場合でも騒音当事者に働きかけるわけではないので、根本的な解決に至らない可能性があります。

しかし、気にならないほどに騒音を軽減できれば十分と考える方にはおすすめの方法です。

発生源の住人と冷静に話し合う

可能であれば、騒音当事者の住人と話し合うことで解決を目指せる場合があります。

重要なのは、双方ともに冷静に話し合うこと。

どちらかが感情的な物言いになってしまえば、その時点で解決策を調整することが難しくなるでしょう。

あくまで騒音が起きている事実を伝えつつ、ともに解決を目指す姿勢が重要です。

引っ越しをする

もしどうしても騒音が解消されず、我慢できなくなれば引っ越しも視野に入るでしょう。

確かに、騒音源から離れるために住む場所を変えるのも、有効な対策方法の一つです。

しかし、引っ越しや家を購入したばかりであったり、その土地に住み続けなければならない事情がある場合は難しい解決方法になります。

できる限り引っ越し以外の方法で解決できれば、結果的に費用も安上がりになるでしょう。

4-やってはいけない・逆効果になってしまう方法は?

壁を殴る拳

騒音解決のためだとしても、実行することで逆にトラブルを悪化させかねない手法も存在します。

共通点としては、相手の感情を逆なでする行為です。

一体どのような行為は騒音対策で逆効果になるのか、その一覧を確認しましょう。

壁ドン・床ドン

集合住宅で騒音があった場合、発生源の部屋と接する壁や床に衝撃を与える「壁ドン」「床ドン」という手法がよく取られています。

騒音当事者の住居に衝撃を与えることで、自らが騒音源となっていると知らせることが可能です。

しかし、これは騒音を出す行為でもあるため、逆に騒音発生源とされる可能性があります。

また、やられた側が不快感を感じ、余計なトラブルを生み出すことも考えられます。

対抗して騒音を出す

騒音被害に対抗して、お返しとばかりに騒音を出すのもやめるべきです。

騒音源の住居以外にも被害がおよぶ可能性があり、逆に騒音発生源とされてしまう可能性が高いです。

また、よくわからないBGMやモスキート音など不快感を与える音を出すことも、予期せぬトラブルの引き金になります。

仕返しをすることで、被害の正当性が認められなくなるため、適切な解決に至らないこともあるでしょう。

相手宅を訪問して直接クレームを入れる

冷静さを欠いた状態で、騒音を出している相手宅を訪れて直接クレームを入れるのも逆効果です。

訪問した家が騒音源ではない場合もあり、もしそうなら相手方としてはいきなり文句をつけにした人にしか映りません。

また、感情的になって文句をつけにいった場合、相手方が暴力をいとわない人であれば余計な被害が重なる可能性も。

騒音被害によってストレスが溜まってしまっても、間に誰か他の人をはさんだ方が穏便に解決しやすいでしょう。

5-注意をしても騒音が解決しない理由

メガホンで叫ぶ男性

騒音を注意した場合、大半の人は自らの落ち度を認めて騒音を止めてくれるでしょう。

しかし、中には注意しても騒音を止めないどころか、むしろエスカレートさせる人も存在します。

騒音を止めない人がどのような心理にあるのか解説します。

わざと騒音を出す心理は?

無自覚に出している騒音であれば、発生源の住人は自らの生活スタイルを改め、これ以上騒音が出ないように善処してくれることが期待できます。

なぜなら、騒音の加害者となった上に加害行為が認められた場合、集合住宅からの退居や場合によっては警察に逮捕されるリスクがあるからです。

しかし、そのリスクがあっても騒音を出し続けるどころか、騒音が出ていないように見せかけて巧妙に騒音を出す故意犯もいます。

この場合、発生源の住人には明確に加害を加える意思があり、嫌がらせ行為として騒音を出す狙いがあるでしょう。

もし嫌がらせを与える目的での騒音であれば、根競べでは加害者側が有利なので、自然解決を待つのは難しいです。

嫌がらせ目的の騒音を解決するには

嫌がらせとして騒音を出す加害者は、自らの犯行であることを巧妙に隠そうとします。

その目論見を暴き、決定的な証拠を突き付けることで嫌がらせ行為を白日の下にさらすことが可能です。

しかし、加害者も証拠を掴まれないように動くため、普通の人が対抗するのは難しい側面があるでしょう。

そんな時は、証拠集めのプロである探偵にお任せください

専門技術を駆使して、騒音の決定的な証拠を掴んで加害者の逃げ場をなくします

嫌がらせ加害者は犯行に気づかれないことに重きを置くため、犯行の証拠を掴むことでその狙いを打ち砕くことが可能です。

騒音被害にお困りの場合は、ぜひ探偵にご相談ください。

6-うるさい隣人に関する相談事例

テーブル越しに話す男性

過去に当探偵事務所に寄せられた、隣人との騒音トラブルに関する相談事例を、ご依頼者の許可を得て掲載いたします。

ご相談を検討されている方は、ご参考いただけますと幸いです。

深夜に上階から足音が…

女性
ご依頼者様: 40代/女性
ご依頼内容: 騒音調査
ご依頼理由:

最近、マンションの上階の住人が出す騒音がひどくなってきました。

子どもが2人いるのはわかっていて、足音もするのでこれくらいなら生活音の範囲かと思っていましたが、夜中の3時ごろにも聞こえるのはさすがに不自然だなと思いました。

しかも一週間くらい継続して続いたので、こんな時間に子どもが起きてるのも不自然なのでわざとやってるなと思えてきました。

管理会社に相談したところ注意してくれるとのことで、書面を相手宅に投函してくれました。

しかし、その後報復とばかりに自宅の郵便受けにくしゃくしゃにされた注意書きの書面が入っていて、「あ、これは間違いなく嫌がらせだな」と思いました。

寝れない日もあるので、被害を訴えて嫌がらせを止めさせたいです。

調査結果

ご依頼を受けて、調査員がご依頼者のご自宅に向かい、騒音が出るとされる時間帯の騒音を測定しました。

その結果、居住する自治体が定める受忍限度を超える騒音が測定されたため、感じている音は騒音と判断できる証拠を確保しました。

また、ご依頼者宅に投函されていた毀損された書面も保存されていたので、こちらも併せて動かぬ証拠とできました。

調査報告書の内容を基に、管理会社を経由して再度騒音源の住人に注意を行なっても騒音の事実を認めなかったため、警察に通報することに。

証拠があったことで警察も動きやすく、スムーズに警察の手が入り騒音の差し止めに成功しました。

7-騒音被害の証拠は探偵が取得します

貼り紙を見る男性

騒音の存在を示すには、その騒音がどれほどの大きさか測定する必要があります。

しかし、そのような測定のノウハウを持ち合わせる人は限りなく少ないでしょう。

もし今感じている騒音の存在を明確にしたいなら、当探偵事務所にご相談ください

騒音測定の専門技術を持つ調査員を派遣し、騒音の存在を明らかにします。

また、調査結果をまとめた報告書は裁判でも証拠能力を有するため、問題の解決まで徹底したサポートが可能です。

ご相談は電話・メール・LINEで24時間365日受け付けていますので、お気軽にご連絡ください

まず、現状について相談することから始めましょう。

騒音調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談